栄養士の働き方

新卒の管理栄養士が委託給食会社で1年働いてみた

 

今回は新卒の管理栄養士が委託給食会社で働いてみた感想を

率直にお伝えしたいと思います

 

就活生や学生や転職を考えている方で

委託給食会社で栄養士として働いてみたい!

実際委託ってどんな感じなの?

そんな方にとって有益な情報を共有したいと思います。

そもそも委託給食会社とは

 

学校や病院などの施設(受託先)に栄養士や管理栄養士、調理師などを派遣して給食事業を行う会社

 

自分が働いている給食会社は、給食業界でも有名な会社で、一般的にも広く知られてる会社です。

特色としては働くステージが大きく3つに分かれていて

病院や福祉施設

学校

社員食堂や事業所

この3種類に分かれていて、職場によって、提供する食数や食事の形態などが大きく異なってきます。

受託先が有名な病院や会社だったりすることが多いです

 

自分が勤務していた職場は国立病院機構グループの200〜250床の病院でした

 

勤務形態について

 

私が所属している会社ですが、

これも職場によって大きく変わってきます

受託先が学校や会社だったりすると、それに伴って、土日祝日が休みになる場合が多いです

 

私は病院で、基本的に365日フル稼働なので、まとまった休みを取ることが難しかったので、学校や社員食堂勤務の方が羨ましかったです

ちなみに私の場合はシフト制で月平均9〜10日休みをもらえていました

(同期は5〜6日の時もあると、、)

これも職場の状況によって大きく異なってくるでしょう

 

勤務時間は実働8時間、休憩1時間です

ここが重要になってくるのですが

早番、遅番があり、安定したプライベートタイムを確保することが難しいです

 

なぜかというと、私の職場は

早番が4時半〜13時半

遅番が8時半〜17時半

早番遅番を織り交ぜられると就寝時間もばらつき、なかなかストレスです

この点では、医療系の当直や夜勤の方はすごいと思います(切実に)

 

遅番の翌日が早番だと、17時半に仕事が終わり、

就寝までに数時間しか自分の時間が確保できないのは少しハード

その代わり、早番の翌日が遅番の時はたっぷり時間があります

 

また、人員が足りない施設だと

休みが月に4日、、、

という施設もあるみたいです

業務内容

 

私は管理栄養士の資格がありますが、調理師の人員が不足していたため、調理師として業務を遂行していました

 

*盛り付けや事務をする管理栄養士もいます

  • 調理業務
  • 事務(電話対応や発注、検収など) 献立作成は先方さんが行なっていました
  • 経管栄養の配膳
  • 盛り付け
  • 検品
  • アレルギーチェック
  • 配膳、下膳

責任者レベルになるとシフト作成や人員マネジメントなども行うことになります

 

自分が業務を行ってみて率直に

これ、誰でもできるじゃん

 

そうです

誰でもできちゃうんです

パートの人でもできちゃうんです

 

私は正直に言って

委託給食会社で管理栄養士としてのスキルが一通り身につけることは難しいのではないかと感じました

 

しかしそれに気づいても大して驚きはありませんでした

入社前から容易に想像できたからです

 

もし、委託給食会社で管理栄養士としてキャリアアップをすることを考えていたら

身につくスキルはあくまで

病院などで働く管理栄養士としてのスキルとは程遠いものだと思います

 

どちらかというと、経営や営業、人員マネジメントといったスキルが身につくのではないかと思います

あと盛り付けとか、調理員なら調理技術

 

しかし、 調理現場で働いたことがある!

というのは、病院勤務を見据えてる方にとっては、大きなアドバンテージになります

 

なぜかというと

全体の流れがつかむことができる

 

つまり

仕事の生産性が上がることにつながるからです

 

実際、先輩に聞いた話ですが、

事務所にいる栄養士で

現場にいたことがある人とそうでない人

断然、現場経験者の方がスピード、質ともに優れているそうです

 

生産性が上がることは

仕事をたくさん任される

自分の時間を作れる

昇給昇進ににつながる

これらに繋がります

 

もし、病院勤務を見据えてる方は

病院の現場で働くのであれば

全体の流れを見ることを意識して

業務に励むと良いと思います

 

収入や福利厚生について

 

これは皆さんが1番気になることだと思います

学生向けの説明会や、企業説明会では

会社がこのことについて資料に明記している場合が多いでしょう

 

だいたい一月の収入は会社、勤務地によって多少異なりますが

だいたい16〜20万円

 

そこから諸々差し引かれて

手取りで

15〜20万円ほど

といったところでしょう

これに管理栄養士手当や、早朝勤務手当や、残業手当てなどがプラスされます

 

ただここで率直に思ったのは

管理栄養士の資格があるかないかで給料が3万ほど変わってくることは大きい

 

私の職場には短大卒の5年目の栄養士さんがいらっしゃいました

なんとその栄養士さんと私の給料があまり変わらなかったんです!!話の推測で笑

 

5年も働いて昇級して、新卒の管理栄養士と同じくらいの収入ですよ!

これなら管理栄養士の資格を取らない理由はないですよね

 

ボーナスの話ですが、

だいたい夏と冬の年二回に支給がありますが

だいたいの新卒は冬のみの支給です

支給額も会社によってまちまち

支給がないところから0.5ヶ月分〜2ヶ月分

幅が広いですね

 

私自身が委託給食で働く上での、気持ちの持ち方

 

これは人それぞれですが

委託給食会社というのは

どうも人材を大事にしない傾向にあります

 

人材流出がもうすんごいので

気にかけてもムダってマインドでしょうか

 

扱われ方がひどかったり、嫌なこともたくさんあるでしょう

だから私は

いつ辞めてやってもいいんやからな

って気持ちをいつも持ってます

 

これを持つことで少しは

気持ちが楽になります

 

人間というものは、傷つけられるのは

流石にこたえます

そういう時は少しでもメンタルの面でも逃げ道を作ってあげることが

大事です

 

言いたいことを言う

これはすごく勇気のいることですが

大事なことです

あれをしてほしい

休みが欲しい

ハラスメントがつらい

でも、

雰囲気が悪くなったらどうしよう

忙しいしなー

職場に居づらくなりそう

こういう気持ちが邪魔をします

 

でも

結局1番大事なのは自分

これは揺るぎない事実です

 

気をつかう事も時に大事になってきますが

言うだけ言ってみよう

このマインドが大事です

 

そして行動に移しましょう

人の目が気になる?

誰も心の底じゃ、あなたのことなんてどーも思ってませんよ!!

 

だから

自分を大事にする

この気持ちを大事にしてもらえたら

つらいことが多いと言われる委託

少しは気持ちが楽になるのではないかと思います

 

あ、職場によっては楽しいとこももちろんたくさんありますよ

 

自分の職場も楽しい方だと思います!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

委託給食会社という選択肢は栄養士キャリアを積むという点に関しては多少は力になりますが、

ここでキャリアを終えることはあまりに惜しい気がします

 

この記事を参考に、ぜひ他の選択肢とも合わせながら検討してみてください!

あわせて読みたい
管理栄養士が退職・転職においてまずやるべきことこの記事では、管理栄養士の私が会社を退職して、次の仕事を得るまでに、まずやったことまとめています。転職や退職を考える人に参考になればと思...

 

あわせて読みたい
転職に悩む管理栄養士がまずやったことこの記事では、つい最近仕事を辞めることにした管理栄養士が、これからどうやって生活していくかについて記しています。とりあえず仕事辞めたいけ...