栄養士の働き方

Amwayのディストリビューターになってみた

この記事では、Amway商品、Amwayビジネスの良いところ、悪いところを管理栄養士の目線で赤裸々に書きたいと思います

 

前回、私がアムウェイビジネスに参加するまでの記事を書きました

Amwayに誘われて参加してみたこの記事は、私が実際にアムウェイビジネスに参加してみて感じたことを 思うままに記したいと思います https://dieti...

今回はそれから知ったことや感じたことを書きたいと思います

 

アムウェイの商品の良いところ

 

質が良い

これは、ほぼ全ての製品に言えることだと思います

私が実際に購入した、体験した商品は

  1. 食品
  2. 洗剤
  3. 調理器具
  4. 浄水器
  5. ドライヤー
  6. バスアイテム

などといったものです

 

上のランクを目指すディストリビューターの方の家に行くと、

購入を躊躇するような値段の商品が置いてあることが多いので

そこで体験させていただきました

 

特に驚いたのが ドライヤー、調理器具 です

なぜ驚いたのかというと

ドライヤーは

約3万円しますが

カピバラの体毛、干したスルメイカ、亀の子タワシ

と評される私の髪に、、、

ドライヤーを数分当てただけで、、、

髪の毛の触感が柔らかくなり、指通りが格段に良くなったのです

初めての体験ですごく、衝撃だったのを今でも覚えています

 

仕組みをざっくり説明する

ものすごく網目が細かいフィルターで外の空気をろ過して

綺麗な空気にします

そして、静電気の発生に関係する陽イオン、陰イオンのバランスを

絶妙なバランスに調整して、

それを髪の毛にダイレクトアタック

 

髪の毛の静電気は抑えられ、

まとまりが良くなり、サラサラになるという仕組みみたいです(ざっくり)

 

調理器具は

主に鍋やフライパンのことを指しています

ただの調理器具ではなく

特筆すべきは

保温性、熱伝導率の高さ、無水無油調理といえます

保温性

数種類の金属を効果的に重ね合わせて

熱を外に逃がさない仕組みを作っています

普通の鍋は、加熱しても

鍋表面から少しずつ熱が逃げていますが

それがアムウェイの鍋では見られません

つまり、熱に均一に、早く、くまなく通ることにつながります

 

熱伝導率

これは、実際に自分が体験したことですが

アムウェイの鍋は、スタッキングして調理することが可能です

 

f:id:yd150:20180215180959p:image

 

初めて見たとき、本当に目を疑いました

だって

下の段米に水入れて

中の段にカレーの具材入れて

上の段に温野菜サラダの野菜入れて

それで30分足らずの火入れで

カレーライスとサラダができたんですよ!

 

重ねてもしっかり火が通るのは

いかに熱伝導率が高いかを表していますね

 

無水無油調理

これは、アムウェイの鍋の大きな特徴の1つだと思います

無水調理は一時期話題になりましたね

フタに密封性があり、食材の水分を熱媒体にして

食材に火を入れる

栄養学的にも優れていると言われています

実際に無水調理と通常調理の比較実験による

栄養の損失についての研究結果もあります

 

f:id:yd150:20180215182750j:image f:id:yd150:20180215182818j:image

どうやって密封してるのかというと

蓋と本体の間に水が入って

それがチャックの役割を果たしています

水封現象 と呼ばれるものです

 

食品は

質や栄養的に優れたものが多いのですが

いかんせん値段が高い

 

エナジードリンクがありますが、

これは 世界初の砂糖を使わないエナジードリンク

という称号があります笑

レッド○ルよりも先にらしいです

 

洗剤は

今、漂白剤と洗濯洗剤を使っていますが

他の製品と比べて突出している特徴は

千円近くするが、一回あたりの使用料がとても安い

すすぎ一回でも汚れを十分落とすことができる

といったことです

 

アムウェイ商品の悪いところ

 

値段が高い

食品や日用品はともかく、

電化製品や調理器具は

購入するのに、すこし検討するだろう値段がします

 

あえて悪いところに記しますが、

アムウェイ製品は

どれだけ製品を使ってしまっても、返品返金が基本的にオーケーです

 

食品とかはさすがにアレですが、、

だから、もし購入して使ってみて1ヶ月たって

なんか違うと思ったら

返品、返金ができる仕組みです

 

なぜそんなことをしているのかというと、

その返品返金の原因こそが

商品をより良くするための貴重な意見であるからです

 

結果、カスタマーの満足度向上につながり

 

会社の利益、ディストリビューターの利益に繋がるからです

 

アムウェイビジネスに参加してみて

 

結論、私はアムウェイビジネスをやめます

アムウェイビジネス

ディストリビューター(アムウェイビジネスをする人)になる為には

年会費を4000円程納めなければなりませんが

勉強費としては、まぁ良かったと思います

 

言いたいことは、

アムウェイビジネスは人に向き不向きがある

ことです

 

アムウェイビジネスはとても強い精神力、図々しさ

コミュニケーション能力などを兼ね備えていないと

まず結果が出せないし

精神が削られて、友達が減るのでは、、

と思いました

 

日本でアムウェイビジネスを始めると、自分の周りにいる人がアムウェイの人ばかりになってしまう

 

特に親しい人はともかく

そうではない人からは、距離を置かれてしまうかもしれません

 

自分の主観ですが、

日本人は

新しいものを受け入れるまでに、時間がとてもかかってしまう

そしてそれを警戒して、

受け付けないこともある

こういう特徴があると思います

 

アムウェイビジネスは基本的に対面での活動が原則らしいので

初めてアムウェイの製品を紹介される側は

どうきても警戒せざるを得ないと思います

 

というか、かくいう私も

警戒しました笑

つまり、SNS上でのビジネスはNGです

 

私はこのやり方には

すごく不満でした

なんて効率が悪いんだろう

と思うからです

 

対面するということは、

人の貴重な時間をもらってること

だと思うんです

そんなことしなくても、対面せずとも紹介できるインフラは

ここに整ってるのに、、、

 

 

ディストリビューターのかたは、すごくマメに連絡をくれることが多いです

ビジネスの戦略だと思います

 

最初はいいんです

途中からだいぶストレスになってきます

 

私が返信をしなくても、どんどんどうでもいい内容を送ってきます

そして、驚いたことが

私は大分県に在住しているのですが

福岡のディストリビューターの方が貴重な時間を割いてまで

大分まで車でわざわざきてくださったんです

往復5時間かけて

 

そして、商品の説明をしてくださいました

すごくありがたかったんですが

これ、わざわざ対面でする必要ないやない

って思ったわけです

 

これが、決定的な決別の理由になりました

 

アムウェイって宗教??

 

ツイッターとかグーグルでアムウェイって検索すると

アムウェイ 宗教

と出ることもあります

 

笑いました

 

宗教ではないんですが

ディストリビューターの方には

アムウェイ製品スバラシイ!!本当にスバラシイ!!

という一種の信仰のようなものが見て取れることがあります

 

それが、一般の方々には

宗教団体と感じ取れるのでしょう

 

アムウェイ製品に素晴らしい製品があることは間違いないのですが

価値観の押し付けはあんまり私はいただけません

 

ちなみにこんな記事もあります

http://netgeek.biz/archives/112195

 

まとめ

 

アムウェイビジネスをやるもやらないのも、

受け入れるのも受け入れないのも自由ですよ

ただ、情報弱者が損をするという図式は、

アムウェイにおいても変わらないと感じました

Amwayに誘われて参加してみたこの記事は、私が実際にアムウェイビジネスに参加してみて感じたことを 思うままに記したいと思います https://dieti...