アスリート管理栄養士が選ぶ

アスリート系管理栄養士が運動・筋トレする人にプロテインをオススメする理由

この記事では、アスリート系管理栄養士である自分が、アスリートや運動・筋トレする人に、なぜプロテインを勧めるのかを記したいと思います

みなさん!

プロテインノンデマスカー?!

そうである人もそうでない人も

この記事を通して、プロテインについて

理解を深めてもらえたら幸いです

現役アスリート&管理栄養士である私が愛用するプロテインを紹介しちゃうわよこの記事では、現役アスリートであり、管理栄養士でもある私が愛用している、使用する予定のホエイプロテインを紹介します! 今回...

今回の記事では、アスリートや運動・筋トレをする人に向けて

なぜアスリート管理栄養士がプロテインを勧めてるのかについて

解説していきます

矛盾していますが、管理栄養士としては、普段の食事において十分な栄養が摂取できているのであれば、プロテインは必要がないという考え方を持っています。ぶっちゃけるとアスリート管理栄養士としては、ビジネスが絡んでるので、プロテインをオススメする点もご理解ください。しかしメリットだけお伝えしても信頼性にかけるので、しっかりとプロテインのデメリットに関してもお伝えします。

そもそもプロテインってなんね?

プロテインはもともと飲み物の名前ではなく

タンパク質のことを指しています

しかし、栄養や英語に詳しくない方は

プロテインと聞くと、あのシェイカーに入った飲み物を

イメージする様ですね

現在流通してるプロテインのうち、

多くを占めるのが、ホエイプロテインですが

実はこれ1980年代くらいまでは

チーズの生産過程でできる乳清(ホエイ)が

めっちゃ捨てられていたみたいですもったいねぇ

でもこれって自然環境に深刻な影響を与えたみたいで

規制がかかりました

で、これをどう生かそうかってなって

プロテインにして売り物にしよう!

ってなったのが始まりだそうですよ

私がプロテインをオススメする理由

オススメする対象ですが

アスリートやスポーツを普段からする人、筋トレをする人などです

その理由は

筋肉を強く・大きくしたい人にとって必要不可欠なたんぱく質を、食事より効率よく摂取できる

好きなタイミングで必要な量を手軽に摂取できる

プロテインの種類によっては食事よりトータルで経済的なものもある

これらの利点があるからです

筋肉を強く・大きくしたい人にとって必要不可欠なたんぱく質を、食事より効率よく摂取できる&好きなタイミングで必要な量を手軽に摂取できる

アスリートや運動・筋トレをする人は

パフォーマンスをあげたい・体を大きくしたいなどの理由で

日々厳しいワークアウトやトレーニングをこなしています

それと同時に必要なのが

十分な栄養素を摂取することができる食事です

しかし、日々厳しいワークアウトやトレーニングをこなすのであれば

食欲がわかない、食事の時間が確保ができない、食事を準備する手間がある

などの理由で食事によって十分な栄養を摂取することが難しいケースも

珍しくありません

特に筋肉をはじめとした、体を作る大事な栄養素であるたんぱく質は

アスリートや運動・筋トレをする人にとって

重要な栄養素であります

ワークアウト前後のたんぱく質の摂取のタイミングや量によって

効率的な筋肉の再合成を助けてくれる為

食事と比べてたんぱく質の摂取の量やタイミングをコントロールしやすいのが

プロテインをオススメするポイントです

プロテインの種類によっては食事よりトータルで経済的なものもある

プロテインとお金に関する話をします

トレーニーやアスリートの中には

プロテインにかかるお金をなるべく安くしたい!

その浮いたお金をジム代やウェア代に当てたい!

そんな方も少なくありませんね

そんな節約家の方がよく見るのが

たんぱく質1gあたりの値段です

https://futurefitnessfood.com/2018/11/09/costco-protein/

ヴィーガントレーニーのあゆちゃんのサイトにも

1gあたりのたんぱく質価格が表示してあります

例えばSAVASのよく見るこの有名なプロテインは

1gあたり5.36円だそうです

比較して

ローソンのサラダチキンは

219円で一枚入っています

たんぱく質は26.5gです

つまり1gあたりのたんぱく質の値段は8.26円です

プロテインと比較すると結構差がありますね

プロテインの種類

動物性

ホエイプロテイン

乳清のことで、チーズやヨーグルトを作る過程でできる

タンパク質やミネラルを含んだ液体である場合が多いです

特徴は水に溶けやすいことで、身体にも吸収されやすいです

ホエイプロテインは、

私たちが粉末を水に溶かして飲んでるあのプロテインであることが

ほとんどみたいです

ちなみにホエイの味はというと

さわやかな香りがしていて、適度な酸味があります

そして軽やかな風味がありますが

そのまま飲むのはうーーんですね

ホエイプロテインの中にもさらに種類があることを知っていますか?

気になるかたはこれらの記事をどうぞ

初心者にオススメのプロテイン WPC(ホエイプロテインコンセントレート)の効果やメリットを解説するぞ

最強のホエイプロテイン WPHって知ってる?管理栄養士が効果やメリットを解説するぞ

ホエイホエイプロテインアイソレート(WPI)と他のプロテインの違いについて管理栄養士が解説するぞ

カゼインプロテイン

カゼインは牛乳に含まれるタンパク質の約8割を占めています

ホエイとは異なり、固形のタンパク質で、

身体の中では、胃酸の影響を受けて

変質しやすいので、

消化されて吸収されるまでが、ホエイプロテインと比べて緩やかになります

普段は牛乳の中で、脂肪分とくっついて存在しています

カゼインタンパク質単体で存在してることはあまりないです

ちなみに牛乳にレモン汁や酸を入れると

チーズになるのをご存知ですか?

リコッタチーズやカッテージチーズと呼ばれるものです

こうなる理由は

牛乳のカゼインが酸性に近づくと

カゼインが分離するためです

そのカスがチーズです

このチーズの風味は軽やかで、サラダやパスタ、ピザにも使えますね

植物性

ソイプロテイン

大豆に含まれるタンパク質のことで、

アメリカのメーカーでは、

大豆だけでは補えない分の栄養素を添加して製造されることが多いみたいです

水に溶けにくく、粉っぽいテクスチャーなので

苦手とする人が多いようです

しかし、最近は加工技術も発達して

おいしいソイプロテインも出てきているみたいなので

気にならなくなることも時間の問題でしょう

また、カゼインタンパク質と同様に

身体に吸収されるまでに時間がかかる特徴があります

また、植物が多く持つ抗酸化物質

すなわちポリフェノールなどの有用成分を含むので

そこがソイプロテインの大きなメリットです

プロテインの吸収について

せっかくタンパク質を摂っても

身体に効果的に吸収されないと

意味がありません

ここでは、タンパク質の種類ごとの特徴を説明します

タンパク質の種類によって体内に吸収される速度が異なります

動物性の中でも

ホエイ(乳清)は速く

カゼイン(牛乳)は比較的遅い

植物性はソイ(大豆)がありますが

これも比較的遅いです

これらは前述しましたが、

これらの違いは、タンパク質が吸収されて

体内でどう使われるかにも影響を及ぼします

ホエイプロテイン

消化、吸収が早く、血中のアミノ酸の濃度が上昇しやすい特徴があります

これは、早い段階で筋肉に栄養を届けることができることを意味します

しかし

筋肉に供給されたアミノ酸がすべてタンパク質、筋肉の合成に使われる

というわけではありません!

エネルギー源としても利用されます

そして、

血中のアミノ酸の濃度が上がりやすい一方、

下がりやすいという特徴もあります

だからホエイプロテインを摂取するタイミングは

気をつける必要があります

カゼインプロテイン、ソイプロテイン

消化と吸収がゆるやかで

摂取しても、ホエイプロテインみたいに血中のアミノ酸の濃度がすぐに上がらない

ゆるやかに濃度が上昇することが特徴です

これは、長時間にわたり、持続的にアミノ酸を供給できる

という大きな利点を持っています

いざ、体内が筋肉を修復して大きくするぞって時に

アミノ酸の濃度が一定以上ないと、

効率的な筋肉の再合成は行われませ

ホエイプロテインのように、濃度が上がりやすいが、下がりやすい

という特徴を持ったもの

カゼイン、ソイプロテインのように、長時間にわたって

持続的にアミノ酸を供給できる

という特徴をもったもの

これらを効果的に使うと良いのではないでしょうか?

筋トレ前後はホエイプロテインを活用し

就寝時や間食にはソイ・カゼインプロテインを活用する

といった具合が効果的な使い方の一つでしょう

まとめ

ホエイ、カゼイン、ソイが主に飲まれているプロテインですが

それぞれ吸収速度や価格などの特徴があります

摂取のタイミングや量を考えて

自分に合った摂取方法を見つけるのが良いでしょう

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

現役アスリート&管理栄養士である私が愛用するプロテインを紹介しちゃうわよこの記事では、現役アスリートであり、管理栄養士でもある私が愛用している、使用する予定のホエイプロテインを紹介します! 今回...