栄養士の働き方

もし栄養を学ぶ学生が、中国に訪問したら??

この記事では、私が栄養を学ぶ大学生の頃に参加した、日中友好大学生訪中団での経験を記したいと思います

 

今回は、私が栄養を学ぶ大学生の時に参加した、

公益社団法人日本中国友好協会が主催する

日中友好大学生訪中団で経験したことを

お伝えしたいと思います

 

公益社団法人日本中国友好協会とは?

 

1949年に発足した、公的団体で

簡単に言うと

日本と中国の友好を様々な角度から深めようじゃないか

という団体です

 

目的をホームページから引用しました

協会概要 – 会長挨拶、目的、歩み|公益社団法人 日本中国友好協会(日中友好協会)

日中共同声明と日中平和友好条約の掲げる精神を遵守し、日本国と中華人民共和国両国民の相互理解と相互信頼を深め、友好関係を増進し、もって日本とアジアおよび世界の平和と発展に寄与することを目的とする。

一時期、日本と中国の関係が冷え切った時に

この団体が大きな役割を果たしていたという話を聞きました

 

日中友好大学生訪中団とは?

 

全国の大学から約100名の大学生が集まり、

日本と中国の友好、相互理解を深める為に

中国へ訪問します。

 

現地の学生や公人などと交流し、

 

様々な文化に触れる機会があります

1年に1〜2回のペースで

中国へと派遣しています

 

日程

 

私が当時参加した日程です

2016年の3月上旬に東京で1日研修

2016年の3月24日から3月30日までの6泊7日

24日は東京、成田にて出発前研修

25.26日北京

27.28日は武漢

29 30は上海と言う日程になりました

事前研修

f:id:yd150:20180313090235j:image

 

事前研修とは、

100人もの学生が日本全国から 集まるわけです

中国の方達と国際交流をする前に

国内交流をしようじゃないか!

という目的があります

 

成田空港から出発するため、

成田空港の近くのホテルにて研修が行われました

この交流を交えながら、グループごとのテーマや

目標などを設定し

ミーティングや会食を経て

親睦を深めました

f:id:yd150:20180313090436j:image

いよいよ出国、、

 

北京

f:id:yd150:20180313090321j:image

北京での日程はざっくり

万里の長城見学

国際関係学院へ訪問

国際関係学院、音楽学院と、公人との交流

故宮博物院見学

こんな感じです

 

国際関係学院とは、北京の郊外にある

多くの外交官を輩出している

創立当初から日本語学科を設置している大学で

そこの日本語学科の学生たちとディスカッションを行いました

 

コミュニケーションが唯一の不安要素だったのですが

国際関係学院の学生の日本語の堪能さや

日本の仲間の語学力にすごく助けられました

 

仲間から変な中国語を覚えさせられ、

国際関係学院の学生から苦笑いされる貴重な経験もしました

 

その後、場所を北京貴賓楼に移し、

そこの巨大ホールにて

中国の外交の要人や、日本大使館の公使をはじめ、

国際関係学院と音楽学院の学生も同席したパーティが行われました

 

アカペラや折り紙実演

演奏や

漫才や、合唱など

バラエティに富むパフォーマンスが行われました

 

ここで感じたことは

当時、日本と中国の関係が良好に向かう段階だったので

お互いあまり良いイメージがないのでは?

とおもっていたのですが

そんなことは全くありませんでした

 

むしろその考えは、日本のメディアによる影響によるものだったので、

実際に現地で生の声を聞くことで

お互いに本当は友好を望んでいることを

感じることができました

 

この体験から私はテレビをはじめとした、マスメディアから得る情報に疑問を抱き、

吟味をする習慣を身につけました

 

あと、現地の中国の人が日本に持ってるイメージは

やはり、アニメ文化がほとんどで

実際に会話した女の子とは、

犬夜叉の話で盛り上がりました笑

 

北京の街並みについて

こう、日本で例えると、

金沢とか京都といった伝統的な雰囲気がある街なのかなー

と思いました

 

京都や金沢ほど、綺麗ではありませんが

建物が石材で統一されていて

程よく古びていて

すごく雰囲気があり、感動しました

 

f:id:yd150:20180313090327j:image

その中のよしぎゅー

 

f:id:yd150:20180313090409j:image

これは、宿泊したホテルです

豪華絢爛な内装で

歩いて20分くらいのとこに故宮博物院がありました

武漢

f:id:yd150:20180313095931p:image

武漢をまず知らない人が多いと思いますので

軽く説明をします

 

武漢は

中国の中部の湖北省にある、商業都市で

特徴は

商業工業農業強いメガシティ

そんな感じです

市内に多くの湖や川があり、

自然豊かな都会というイメージでした

 

武漢での日程はざっくり

武漢園林博覧会公園の見学

湖北大学との交流

でした

 

博覧会公園は

まさに、武漢の農業の強さを象徴した広大な公園で

プランテーション農業の現場の見学や

農業の歴史を学べるコンテンツやったりとか

農業好きに

興奮モノのやつでした

 

f:id:yd150:20180313090933j:image
興奮してます

 

湖北大学

f:id:yd150:20180313090557j:image

約20000人の学生が在籍していて

学部は

文学、史学、哲学、理学、工学、経済学、法学、管理学、教育学、医学などがあります

 

その中で私たちは

外国語学院の日本語専攻の学生と交流をしました

その中で、湖北の文化と歴史を英語で紹介する

特別講義が行われました

f:id:yd150:20180313090714j:image

内容は、あまりわからなかったのです!すみません!笑

勉強不足です!

 

その後、

湖北大学内のホールにて

学生との、交流パーティーが行われました

岡山県の伝統舞踊[うらじゃ]を

みんなで踊った

[明友]を合唱したり

学生同士の交流を楽しみました

 

武漢で感じたこと

正直、武漢について

この交流に参加しなければ

絶対知らなかっただろうと思います

 

バスから街中の様子を見れば

広がる湖や川

そして、高層ビルやマンション

とてもミスマッチな風景で

日本にはない景色で興奮しました

 

街中はとても交通量が多く、

広い道路では、片側6車線くらいあったと思います

 

夜、街中を出歩いた時は

夜市のような催しがあり

果物や野菜が売ってあったり

屋台があったりと

すごくにぎやかな街だと思いました

 

しかし、街灯がすくなく、

治安が悪いイメージがすごくありました

何もなくてよかったーと思います

 

ここで1番思い出に残ってることは

道ばたにあったバスケットボールコートで

現地の人と一対一をしたことです

もちろん圧勝です。いえす!

 

でも道ばたにコートがあるくらい

中国ではバスケが盛んなんです

日本でもいつか、、、

上海

 

上海では

主に観光をしました

 

森ビル

f:id:yd150:20180313103800j:image

森ビルはいわゆる高層タワーで

高さが492mで

中国で1番高いビルです

私たちは展望台を見学したのですが

中には

ハイアットグループのホテルやショッピングモールが入っています

 

正大広場
f:id:yd150:20180313103809j:image

f:id:yd150:20180313091104j:image

上海を代表するショッピングモールで

地上10階

地下3階

このフロアの中に数百店舗が入店してるそうです

 

私たちも全部回るのは無理でした!

f:id:yd150:20180313091151j:image
上海での最後の夕食の様子

 

上海の夜で渾身の力を発揮しました
f:id:yd150:20180313091032j:image

栄養を学ぶ学生として何を学べたか?

f:id:yd150:20180313091212j:image

 

また食をテーマとした内容を追記しますが

栄養を学ぶ学生の目に映った、中国の姿この記事では、栄養を学ぶ学生が、中国🇨🇳に訪問した時 中国の食に関して何を思ったのかを紹介します ...

食文化についてはもちろん

全国の日本の学生が何を勉強しているのか

世界とどう向き合っていくのか

中国の学生たちが何を学んでいるのか

日本をどう考えているのか

とても興味深いことばかりを知ることができます

 

栄養を学ぶ学生にとって

本業とはすこしずれていますが

教養やコミュニケーション能力

企画や、それを実行する力が身につきます

 

それは、栄養士として仕事をする上で

役立つことであることは間違いありませんでした

 

実際に現地で学んだことは

今でも生かされています

こういう団体に参加するまでとても勇気がいります

0を1に変えることと同じように勇気がいります

 

社会人だけではなく、学生でも

0を1に変えることが出来る人が増えてほしい!

 

そう思いました!

栄養を学ぶ学生の目に映った、中国の姿この記事では、栄養を学ぶ学生が、中国🇨🇳に訪問した時 中国の食に関して何を思ったのかを紹介します ...