アスリート管理栄養士が選ぶ

さあ、みんな。ジムへ出かけよう

この記事では、アスリート系管理栄養士であるわたしがジムへ行くことの魅力について、全力で語ります

今日はみなさんに、全力でわたしなりの

ジムの魅力

をご紹介したいと思います

 

この記事を読んだ後、

よし、ジムに通ってみよう

そう思っていただけるよう頑張ります!!

 

ジムに通うってのは、運動をすることを前提としてますのでご了承くださいませ

 

なんでジム通いを勧めてんの?

まず最初にわたしがジム通いを勧める理由

それは

自分に良い事が起こる

からです

 

シンプルでしょ?笑

自分に良い事が起こるって分かってるから

こうやってシンプルに伝えています

 

良いことってなんなの?

それはいくつかあります

①自分に自信が持てるようになる環境が手に入る

 

ジムに通うことで、

肉体的に自信がつく

精神的に自信がつく

これらが身につきます

 

肉体的に自信がつくってのは

身体を鍛えて動かして

無駄なモノをそぎ落として

盛り上がる筋肉ぅ

くびれたウエストぉ

締まったおしりぃ

ばきばきの腹筋んん

これらを自分が手に入れた事を想像してください、、、

自分をもっと好きになるはずです

他人もあなたのことを好きになるはずです

少なくともボディメイクできてる方はあたし無条件で大好きになるので、安心してくださいねっ

 

あと、慢性疾患や血圧上昇のリスクを下げることも

研究で分かっています

 

外見だけではなく、内臓にも自信を持てたらベストじゃないですか?!

精神的に自信がつくっていうのは

筋トレや運動をしてる方は分かると思うんですが

自己肯定感が高くなるんです

どうせ俺は、、、

どうせあたしは、、、

みたいな卑屈な考えが改まって

自分に自信をつける効果があることが研究でも報告されています

 

Googleかなんかで

self esteem workout evidence

ってキーワード入れて調べてみたら運動と自己肯定感に関する面白い論文たくさんありますよ!

 

あと、筋トレをしてる方の間で有名な

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

Testosteroneさんが書いてる本にも

筋トレと自己肯定感に関することが書いてあります

 

それ以外にも、筋トレをしたくなるようなことしか書いてないので

運動したくないやつは買わないでください笑

 

適度な運動を30分すると、快楽物質である

エンドルフィンが分泌されることも研究で分かっています

 

エンドルフィンは報酬系の物質で

ああぁぁぁ

なんか運動気持ち良い、、

いい感じダァぉぁぁ

こんな感じで中毒性があるので

筋トレも中毒性があるものの1つとして捉えても

良いでしょう

 

②良い環境で良い運動、筋トレができる

ジムを通うのを敬遠する人には

様々な背景があります

お金がない、、

ジムが遠い、、

ジムやなくても十分でしょ、、

そういう方にジム通いを強いることはしません

でも

行く予定だけどためらってる、、

そんな人には是非ジムに通って見てほしい

 

地元の体育館のジムに行けば

それなりの器具や環境はあるし

そんなにお金はかからない

 

五円チョコが60個買えるくらいだ

月額制のジムに行けば

最新の設備や空調やシャワーなどが

完備してある良い環境が手に入る

 

そんな環境の中でやる筋トレや運動ってのは

質がより高いトレーニングができる

とてもテンションが上がるし

とてもモチベーションが上がる

自分がパワーアップしたような錯覚さえ覚えます

日々の生産性に良い影響を与えます

 

行動から入るのも良いですが

環境から入るっていうのもオススメですよ

 

③食事の質が高くなるきっかけになる

ジムに通い

身体を鍛え出すと

食べるものにも気を使うようになります

 

具体的な例を挙げると

ジムに行き出すと

なぜかみんなプロテイン飲んでるよね

 

あたしも飲んだ方がよいのかな?

その流れで自分でプロテインを調べてみますね

もうこの時点であなたの勝ちです

 

自分の食べるものに関心を持った時点で

もうあなたの勝ちです

 

自信を持ってください

 

そこから徐々に自分の食事を見つめ直して

調べて、実践するだけです

 

食事に関する本はたくさん出てますが

私はこの二冊を読むことをオススメします

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

 

この二冊を読んでおけば、巷のよくわからんダイエット方法に

惑わされずに済みますので

管理栄養士である私からも本当にオススメできる本です

 

④出会いがある!!、、、かも知れない

ジムに通ってるとですね

やっぱりいるわけですよ

魅力的な人

 

あたしもたくさん見かけます魅力的な人

あたしの目には

運動してる人、筋肉が美しい人が

8割増しで魅力的に見えます

 

なのでジムに通うことを

食事で例えたら

一流ホテルのスイーツビュッフェに通うようなものですね

 

もう見てるだけで幸せなんです

こんな私の考えは忘れてくださって結構なんですか

ジムってのは

結構鏡が多い環境なんですよね

 

身体を鍛えたあと、鏡で自分の筋肉を見つめることで

自己肯定感を挙げる効果などが認められてる背景もあるんですが

鏡ごしで自分の気になる人を見つけて

妄想なりなんなりしながらトレーニングを行うと

モチベーションが上がります(経験談)

 

逆に鏡ごしで誰かから見つめられることもあります

それもまたモチベーションが上がりますし

プレッシャーにもなり、トレーニングに良い影響を与えます

 

時々ですね、鏡ごしで目があったりする時があるんです

これを

鏡越しの出会い

と呼んでるんですが

 

目があったりすると、日本人は結構すぐにそらしてしまう傾向にあるんですが

もしその人が魅力的に見えたのなら、

頭の中には残るわけです

気になってしまうわけです

 

そこから先は声かけるかかけないか

かけられるのを待つか

個人の自由なんですが

そう言うシチュエーションもあります(経験談)

 

あとはシンプルにいつもこの時間帯あの人がいるなー

っていう気づき

これも何かあるかも知れないきっかけになるし

マシンや場所を譲る時、ものを拾ってあげるとき

ジムという限られた空間の中に

不特定多数の人がいる環境だから

そういうことも起こりうるでしょう

 

ただ、最初から下心丸出しするのではなく

あくまでジムは運動をする場所だということを

頭に入れておくと良いでしょう

 

ジムでどんな事ができるの?

ジムと一口に言っても

本当に場所や店舗によって

環境や設備に違いがあります

 

その中で代表的な設備、環境を紹介します

•ジムマット

f:id:yd150:20180802131115j:image 

柔らかいクッション素材のマットが敷いてあります

ここでストレッチを行なったり

ヨガのポーズをとったり

自重トレーニングしたりと

ジムの中でも比較的ゆっくりできる設備です

 

トレッドミル

f:id:yd150:20180802134323j:image

 

ジムといえばコレですね

 

ランニングマシンで言う人も多いと思います

スピードや傾斜を変えることができ

モニターに心拍数だったり消費エネルギーや

速度だったり、時間など

客観的な情報を見ながら運動できるので愛用者は多いですね

 

•エアロバイク

f:id:yd150:20180802134451j:image

 

こちらも鉄板ですね

見ての通り、サイクリングの動作です

ペダリングの重さを変えることができ

トレッドミルと同じように

モニターに客観的な情報が表示されます

 

•クロストレーナー

f:id:yd150:20180802134543j:image

 

これはジムに一台二台ある

踏み込み動作をするマシンで

イメージ的に山登りをするような動作に近いです

 

下半身全体を鍛えることができ

特にヒップや上腿部に効く印象があります

ご老人に人気があるなぁってイメージです

 

•フリーウエイト

f:id:yd150:20180802134553j:image

 

ベンチプレスやダンベル

バーベルや重りなどが置いてあるコーナーで

セルフサービスでトレーニング楽しんでね❤️

って感じです

ジムで1.2位を争う人気コーナーですね

 

•スミスマシン

f:id:yd150:20180802134603j:image

 

ビッグ3といわれる

ベンチプレス(胸、腕、肩)

スクワット(下半身全体)

デッドリフト(尻、もも)

こいつらを

スミスマシン1台で楽しめちゃうぞ

っていう汎用性高いエリートマシーンです

 

月額制ジムだけではなくて

公立の施設のジムにも置いてあることが多く

一台しかない時は

ほんとめっちゃ混みます笑

そのくらい人気ですね

 

BIG3 以外にも、様々なトレーニングを行うことができるので

オールラウンダーマシンって感じです

 

どんなジムがあるの?

 

公立施設にあるジム

f:id:yd150:20180802134735j:image

 

公立の施設(国や県、各地方公共団体が運営)にあるジムは

月額制ジムより断然安い(1回あたり200〜500円)

綺麗なところは特でしかない

という特徴がある反面

汚いとこは汚い

利用時間が限られている(開館時間や休館日がある)

人が多いと、マシンがすぐに混む

といった点があります

 

月額制ジム

JOYFIT
スポーツクラブ JOYFIT〜ジョイフィット

ANYTIME
エニタイムフィットネス 24時間営業のフィットネスクラブ~驚きの低月会費

GOLD GYM
ゴールドジム 公式サイト ( GOLD’S GYM OFFICIAL SITE ) | フィットネスクラブ・スポーツクラブ

 

社会人の間ではジム通いがブームですね

その中で特に人気な月額制ジム

上の3つは全国展開があり

店舗数も多いため、紹介させていただきました

 

月額制ジムは

24時間365日使える場合がほとんど(gold gymは除く)

設備環境が良い

キレイ

違う店舗でも利用できることがある

パーソナルトレーナーを利用できる

セキュリティ万全

他にもたくさんメリットがありますが、とりあえずこのくらい

 

デメリットは

お金が割とかかる(月6000〜10000円)

そのくらいだと私は思います

 

個人ジム

 

個人ジムは名前の通りです

ジムによって料金設定やサービスは本当に多種多様です

個人ジムを選ぶ方は

特にクオリティが高いサービス、設備を求める

そこが自分に合う

他にトレーニング施設がない

こういう状況の人が利用しています

おわり

いかがでしたでしょうか

ジムと一口に言っても

様々なものがあるし

設備や環境がガラッと変わる場合もあります

 

自分の目的や予算、アクセスなど吟味して

自分にとってベストな選択ができるといいっすね!

 

@このアカウントでアスリートの為の栄養や食事に関することも呟いていますので、フォローしてくだせぇ!