栄養士の働き方

管理栄養士の取扱説明書

この記事では、管理栄養士が世間的に今どういう位置付けにあるのか、私からみた目線で説明して、みなさんがより管理栄養士を身近に感じて、活用できるようなきっかけになればと思ってます

 

この記事ではですね

管理栄養士の取扱説明書

と、題してですね

 

みなさんに是非管理栄養士について知っていただいて

その上で、管理栄養士を利用して

自分の食生活や食べるものに関する知識や技術を

より良いものにしていただきたいと思い

記事にしました

 

 

まず初めに管理栄養士について知ってほしい

 

私は管理栄養士という

厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導並びに特定多数人に対して継続的に食事を供給する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする          厚生労働省より

こんなことができる資格を持っています

 

めっちゃ簡単に言うと

国が認めた食事のスペシャリスト

って感じです

 

最近巷でよく聞く

フードコーディネーターとか

野菜ソムリエとか

フードインストラクターとか

食育アドバイザーとか

なんかよくわからん食事に関する資格が溢れていますが

こいつらはいわゆる民間資格であることが多いです

 

管理栄養士は

国から与えられる資格ですので

民間資格と比べたら

世間の信用性では圧倒的に管理栄養士が上だということを

初めにお伝えさせて下さい

 

と同時にですね

 

これらの民間資格というのは

あるジャンルに特化した知識や技術を身につける為

カリキュラムを受けて取得できる資格ですので

管理栄養士より優れた知識や技術を持ってる方も

もちろんいらっしゃるんです

 

で、先ほどガッツリマウンティングしたんですが笑

管理栄養士の個人差の話をしますね

 

ある人がある管理栄養士に会った時に

最初に、世間的な信用があると安心していました

でも実はある人が求める技術や知識が伴っていませんでした

結果、信用はなくなってしまうわけですね

 

こんな感じで

 

残念ながら管理栄養士にも個人差があるんです

 

管理栄養士といっても

病院や老人ホームを生業とする方

食品系などの一般企業での勤務をされてる方

私みたいに、アスリートに対して活動をする人

学校で子供達を対象に勤務されてる方

本当に色々いらっしゃいます

 

そして、伝えたいことは

持っている技術や知識、経験もばらつきがあること

です

 

中には資格を持ってるからといって

食事や栄養に関する知識や技術がない人もいます

その理由は

最悪、あんまり勉強しなくても取れてしまうというケースがあるからなんです

 

資格を取ってから、管理栄養士として活動してない方も

多数いらっしゃいます

やはりそういう方は物理的に知識や技術が薄れてしまう

そして、

活動する場所、対象としてる人によって

知識や技術にズレが生じてしまいます

 

私の場合、管理栄養士として

•委託給食会社での調理業務

•委託給食会社での献立作成、発注業務

•アマチュアスポーツ選手を対象とした食事支援

•高校生を対象とした食事支援

これらを軸に活動してきました

 

その一方で、管理栄養士の友人は

•病院直営での調理、調理補助業務

•病院直営での食数管理業務

•入院患者を対象とした食事指導

こんな感じです

調理や食事に関わることは

基本的に同じなんですが

対象だったり

その他の活動でズレが出てきます

 

どうやって管理栄養士を探せばいいの?

 

いざ、管理栄養士に色々聞いてみたい!!

 

と思い立って

知人や職場に管理栄養士がいれば

自分の求める答えを与えてくれるかもしれないし

紹介してくれるかもしれません

 

しかし

 

周りに管理栄養士がいない、、、

みたいなパターンはよくありますよね

そんな時に役立つのが

 

SNSやアプリケーションですよね

 

TwitterやInstagram、Facebook で

管理栄養士

って調べるとすぐに出てきます

コンタクトを取ることが出来ればすぐに解決ですね

 

そして、最近クラウドファンディングで支援を募っていた

管理栄養士とクライアントのマッチングサービスが

注目されて始めています

spoon
Spoon

こういうサービスを利用するのも1つの手ですね

 

管理栄養士に質問や依頼をする時に1番知ってて欲しいこと

 

ここが1番伝えたいことです

これは、管理栄養士に限ったお話ではないです

教師やトレーナー、看護師など色んな方にも言えることです

 

何らかの手段を使って

管理栄養士を見つけて、コンタクトを取ることができましたとします

そして質問や依頼をすると思うんですが

ここで重要なことをお伝えします

 

タダで教えてもらおう タダで依頼しよう

というスタンスは必ず持たないでいただきたいことです

 

もちろん、ほとんどの日本の管理栄養士は

質問したら見返りなどを求めずに答えてくれることが多いし

依頼を受けてくれることもあります

とても素晴らしいことです

 

しかし、アメリカの管理栄養士は

依頼や質問にお金をとります

これは仕事、時間に対する価値観の違いなのですが

質問や依頼に応えることは、

その管理栄養士の労力と時間を消費することになります

その消費に見合う対価を支払わないということは

クライアントにとってはプラスになるんですが

その管理栄養士にとっては、非常に非生産的な結果になります

 

対面販売で例えたら

商品をタダでクライアントに譲るといった感じでしょう

日本ではこういう商品の安売りやばらまきが

非常に多くみられます

 

相手に対する好意で依頼や質問を受ける分には良いんですが

誰でもかんでも依頼や質問を対価無しでポンポンと受けること

日本の管理栄養士の価値を下げることに繋がる

私は非常にこの事を懸念しています

 

もちろん日本の管理栄養士にもその事を改めて自覚して頂きたいです

なので、みなさんにどうか分かって頂きたいです

 

対価無しでクライアントに有用な情報を与える続けることは

一見、日本の健康に繋がるように見えるんですが

長期的な目でみると、管理栄養士業界が疲弊してしまうのは

想像しやすいと思います

 

タダで教えてもらおう タダで依頼しよう

というスタンスではなく

 

あ、教えてもらったからお礼として

 

ご飯おごりますよー

仮想通貨で払いますよー

LINEポイントで払いますよー

SNSであなたを広めますよー

モノをあげます 買いますよー

 

こんな感じで対価の払い方には色んな手段があるんです

対価はお金だけじゃないんです

モノやサービスや信用で払う手段があることも

ここで知って欲しいです

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

この記事を書いた理由は

管理栄養士の価値を守る

それを踏まえた上でみなさんに管理栄養士をこき使って欲しい

こういう目的がありました

 

管理栄養士を探す方法は

いくらでもあります

知人やそのツテ

SNSやマッチングサービス

なんなら記事を読んでくださってる方は

あたしにコンタクトを取っていただければ

チカラになります

オネエさんにまかせない❤️

 

しかし、依頼や質問をするときは

対価無しで頼もうとするスタンスはあまり持たないでいただきたいです
(でも基本的に日本の管理栄養士は優しいからみんな快く教えてくれます)

それを踏まえた上で、管理栄養士とコンタクトをとって

ゴシゴシこき使って下さいねっ

 

@このアカウントでアスリートの為の栄養や食事に関することも呟いていますので、フォローしてくだせぇ!