未分類

アスリート系管理栄養士が選ぶ最強のおやつ

この記事では、アスリート系管理栄養士である私が、おやつ、間食にどんなものをよく食べるのかを、みなさんにお伝えします
ボディメイクや増量を意識してる方に読んでいただけたら幸いです

こんにちは

 

変態管理栄養士のダンでございます

 

今回は

 

アスリート系管理栄養士の間食、おやつ

 

についてですよ

 

バスケットボール競技を続けながら

 

増量や身体作りを意識する中で

 

管理栄養士目線でどんな間食、おやつをチョイスしているのかを

 

参考にしていただけたらと思い、この記事を書きました

わたしが間食、おやつを食べる意味

 

私が間食、おやつを食べる目的について

 

大きな理由が

 

食事で賄いきれない必要なエネルギー量を補うため

 

です

 

私は1日を通して消費するエネルギー量が

 

一般の成人男性よりだいたい1.5〜1.8倍くらい高いです

その量を通常の3回の食事で摂ろうとしても

物理的に難しくなりますし
(一回に食べる量が多くなる)

食べきったとしても、その後の1日のパフォーマンスの低下を

招いてしまうリスクがあります
(血糖値の急上昇、満腹による腹部のもたつき)

そのリスクを分散させる為にも

 

一回あたりの食事の量を減らし

私はその分だけ間食を利用しているわけです

 

では、私が一体どんな間食を

よく食べているのかを紹介します

 

プロテイン

 

私の1日の始まりはプロテイン

朝起きて一番はじめに口にするのはだいたい水かプロテイン

 

プロテインを飲む理由なんですが

身体作りすなわち筋肉の維持を図る為に

1日を通してアミノ酸がどれだけ安定的に身体中に巡っているか
(血中アミノ酸濃度を一定量維持すること)

ということがポイントになります

 

1日を通して

というところに着目していただきたいのですが

 

寝てる時も含まれているんです

 

寝てる時にも人の体では

エネルギーを消耗します

つまり、その消耗によって朝起きた時に

血中アミノ酸の濃度が低くなっていることが考えられます

 

それを元に戻す為にもプロテインを私は飲んでいます

そしてそれ以外にも、

 

ウエイトトレーニングの前中後のタイミング

寝る前だったり

プロテインを飲むタイミングは、日によって変わります

 

必ず毎日同じ食事内容というわけではないので

それに伴って、プロテインの飲む飲まないを調整してます

 

ウエイトゲイナー

 

ここ最近、飲むようになったウエイトゲイナー

飲む目的は

栄養素やエネルギーの充足

体重増加

を狙う為です

 

ウエイトゲイナーの特徴は

一定の内容量で、エネルギーや栄養素が通常の食事一食分くらい

であることです

 

栄養密度が高いって言い方をしています

栄養密度が高い食品っていうのは

大体は浸透圧が高く、(体液より濃度が高い)

一気に身体の中に入れてしまうと

消化器官に何かしら負担をかけてしまいます

 

それを防ぐ為に、一回に飲む量を少なくしたり

こまめに飲むようにしています

 

そのおかげで一回飲むだけで

なかなかのエネルギー量になるので

あまりお腹が空くことはありません

 

ミックスナッツ

 

間食にミックスナッツを食べること

 

これがOLやエリートの間では常識となりつつありますが

この考えを鵜呑みにするのではなく

自分でなぜこうなるのか?という問題意識を持って

実践をしていただきたいです

 

と言っても、私はミックスナッツを食べることは

メリットを感じています

 

まずミックスナッツの風味が好きですね

嗜好品と捉えてる面があります

 

そして脂質、エネルギーの補充です

私の食事、口にするものは

脂質が少ない傾向にあります

 

脂質の摂取量が少ないのは問題なので

それを防ぐ為にもミックスナッツを食べるようにしてます

 

ミックスナッツで気をつけてることは

食べ過ぎないこと

ですね

これはなんに関しても言えることですが、、

1週間で1キロ平らげてしまったこともありました、、笑

 

サラダチキン

 

これはよくコンビニで調達します

 

いやー便利ですよね

 

タンパク質の補給としてはすごく重宝してます

 

食べ応えもあり、満足感があります。GI値も低めなんですが

エネルギー量がやや少ないので

これだけに頼るのはあまり良くないですね

 

他の間食で補うか

サラダチキンをパンに挟んだり、米と合わせるなり

エネルギーを補ってやらないと

食べた気になっただけで、実はエネルギーは不足していた

ってことになりかねません

 

味付け味玉、ゆで卵、厚焼き玉子

 

これも私がよくコンビニで調達するやつです

上のサラダチキンと比べると

安い

消化吸収速度が速い

美味しく食べれる(個人的に)

こういうメリットがあります

 

卵は鶏肉と比べて

消化吸収速度が速いという

高タンパク質の食材の中でも優秀な能力をもつヤツです

時間にして、大体60〜90分

このくらいの消化吸収速度なら

練習や試合前にちょっと食べても

練習や試合中に腹部に違和感をもつことも

少なくなるでしょう(個人差あるよ)

 

なのでわたしは

バスケの練習や試合前のエネルギーやタンパク質補給を兼ねて

よく卵を食べます

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

スポーツをやってる人にとって

パフォーマンスを下げないためのヒントがたくさん

見つかったのではないでしょうか?

 

わたしの間食のテーマは

体重や筋肉を維持しながら、日々の生活のパフォーマンスを

下げないための間食

普段生活しているみなさんにとっても

真似できる間食がたくさんあると思います

 

自分にフィットしそうな間食をチョイスして

食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでくださった方

ありがとうございました!

 

こちらのアカウントでも、食事や栄養に関することを呟いているのでフォローお願いします!
だん@変態アスリート管理栄養士 (@YD150) on Twitter