管理栄養士のライフスタイル

福岡→東京 チャリ旅の記録 後編

この記事では、福岡から東京からまで自転車で旅に出た際の記録を紹介します。少しでも皆さんに、自転車で旅をする事の素晴らしさが伝わればと思います

 

こんにちは

 

変態管理栄養士のダンでございますぅ

 

今回も前回に続く

 

チャリ旅

 

についてのお話です

この記事の続きです
前編
福岡→東京 チャリ旅の記録 前編 – セクシー系アスリート管理栄養士です。

中編
福岡→東京 チャリ旅の記録 中編 – セクシー系アスリート管理栄養士です。

 

私は小さい頃から自転車が好きで好きでたまらんのです

 

この記事にも書いてます
<バスケ、バレー競技者必見>私がダンクできるジャンプ力を身につけた方法 – セクシー系アスリート管理栄養士です。

 

そんな私が大学生の時に、2回の素晴らしいチャリ旅を

 

経験することができました

 

1回目は福岡から京都までRun@

 

2回目は福岡から東京まで1人で

 

ほんで今回は

 

その内の2回目の福岡から東京の旅を

 

この記事で紹介します

 

みなさんに自転車で旅をする事の素晴らしさを

 

少しでも伝えることができたらな

 

って思います

 

福岡→東京 チャリ旅 4日目

 

名古屋駅付近のネカフェで一夜を過ごし

とりあえず名物のモーニングってやつを食べたい

ってなりまして

 

先に進みつつ、どこかカフェってぽい所はないのかと

 

探しながら先へ進むと

 

何やらそれっぽい店が開いていたので

 

入ってみると、

メニューにデカデカとモーニングって書いてあり

 

初めて来た人にも分かりやすく

 

モーニングの内容が書いてありました

モーニングについては、ウィキページに起源とか書いてあるんで
読んでみてください
モーニングサービス – Wikipedia

私が入った店のモーニングは

コーヒーに小倉トーストとバター

キャベツの千切りにトマトのくし切りに目玉焼き

というなかなか充実した内容で

 

値段が500円ちょいだったことは驚きでした

 

もちろん名古屋市内には

 

モーニングにチカラを入れたお店が多く

 

モーニングで集客や売り上げを伸ばす店もあります

 

名古屋を訪れた際は

 

気になるモーニングを出すお店に行ってみるのも

 

1つの楽しみになりますね

そして、1号線に戻りつつ、街並みを観察します

 

ゆーて都市高速下を走っていたので

 

あんまり風景は変わらなかったんですが

 

名古屋市街とそれ以外では雲泥の差があるくらい

 

栄え方が違いました笑

 

そして1号線に戻り、静岡県へ向かいます

豊橋市を超えたあたりから、

 

景色がリゾート?砂浜?っぽくなってきて

 

海に近づいてることがわかる感じがしました

この辺りで静岡県湖西市に入りました!

そして途中1号線が自転車侵入禁止になっていたので、

 

417号線のルートに切り替えて

 

浜名湖の南部の弁天島を通りました

 

そのあと浜松市に入り、

 

街並みが賑やかになります

 

1号線にもう一回合流して先に進みます

そしてJ1のジュピロ磐田の本拠地の

 

静岡県磐田市に到着します

実はここに、同郷の佐賀北高校出身の

 

同級生がいて、その子に会うことになりました

 

彼は卒業後、静岡産業大のサッカー部で活躍をして

 

現在は正直どうなってるのかはわかりません笑

 

しかし、彼にこの辺りの話や高校生の時の話をしたりして

 

地元のオススメのハンバーグ屋で

 

ご馳走になりました

 

楽しい時間を過ごしたことは、今でも色褪せることはありません

 

ありがとう

 

そして時刻は夕方

 

先へ進むか迷いましたが、

 

磐田市を後にすることにしました

 

袋井市、掛川市あたりを通り、

 

一回ヒルクライムかまして

 

島田市からの

 

藤枝に入ります

 

藤枝は、高校バスケで有名な

 

藤枝明誠高校がある街ですね

 

というか静岡県ってバスケすごく盛んな県ですね

 

プロチームもあるし

 

小中高カテゴリーのレベルも高いですし

そして、この日もう1発のアップダウンヒルクライム

 

なかなかココのはきつかったです、、

 

そして、ダウンヒルして一気に静岡市に入りました!

 

静岡市もどんな街なのか想像つかなかったんですが

 

静かに栄えてる街だなぁ

 

って印象でした

 

生活がしやすい街なんだろうなと思いました

 

この日はここで店じまいです

 

この日の移動距離は

 

177キロ

 

なかなかの大移動ですね

 

前半はそんなにきつくなかったんですが

 

終盤の静岡市に入るまでのアップダウンヒルが

 

めっちゃきつかったです、、笑

 

福岡→東京 チャリ旅 5日目

この日はいよいよ旅の山場

 

箱根

 

が控えてます

 

クライマックスにふさわしいのではないでしょうか

 

ここで 箱根 自転車

 

に関する情報をすこし

 

f:id:yd150:20180808182824p:image

ググっただけで出てくる個人ブログページの多さ

 

箱根 自転車 の関心はなかなかありそうです

 

最近は自転車の漫画

 

弱虫ペダル

f:id:yd150:20180809120135j:image

 

でも、インターハイのステージにもなり

 

弱ペダファンや視聴者の間でも

 

認知度が高くなりましたね

 

ブログの内容の内容を軽くみてると

箱根ヤバイ

 

箱根キツイ

 

箱根ヤバイ

だいたいそんな旨のことが書いてあります

 

わたしの経験も踏まえ結論まとめますと

 

箱根ヤバイ

 

ってことですね

 

走ってるやつは大体変態かオバケか頭おかしい方です

 

箱根のルートに関してはこのブログがわかりやすいっすよ
箱根をロードバイクで登りつくせ!極上ヒルクライムと絶景ルート8選 | FRAME : フレイム

私はページ後半の国道1号線コースですね

f:id:yd150:20180808183844p:image

 

見てわかると思うんですが、

 

4.4%の傾斜が20キロ近く続くんです

 

もし時間がある方、ジムやトレーニングルームで

 

サイクリングマシンで傾斜を4.4%に設定して、

 

20キロ続けて走ってみてください

 

3回くらい死ねますよ

って事で静岡市を出発します

 

旅の終わりを惜しみつつ走らせます

すると、標識に東京の文字がついに現れます

 

東京まで175キロ

 

ああ、ついにか、、

 

そして三島市に入ります

 

そして、

 

箱根の看板の標識が現れた頃から

 

始まります

 

最期の戦い

 

最初は並木林の緩やかな道を登ります

 

そして、高速道路の高架線下を通り過ぎてから

 

山道に入ります

序盤は見通しが良く、綺麗な緑の山肌が見える

 

山道を走ります

 

見た目はめっちゃさわやかな道なんですが

 

走ると全くそんなことはなくて

 

地味に脚を削ってきます

周りの景色もだんだん山っぽくなってきて、

 

カーブを曲がるとまだ坂、、、

 

カーブを曲がるとまだ坂、、、

 

みたいなことがずっと続いて、メンタルがまじで削られました

 

しかもずっと上り坂で、平坦や下り道がない状況なので

 

思わず脚を止めることが何回もありました

ここは自転車で登るとこやないわ!!

 

心の中で何度も叫びましたが

 

黙々と登ります

 

途中、道端で休んでる他のサイクリストから

 

がんばれ!!

 

って声かけてもらったりして、なんとか登る気力は

 

保てました

そして、峠の頂上に近づいているのか

 

天候が急に悪くなり、

 

なんと雪が降ってきました笑

 

これにはまじでドン引きしました

 

そしてついに神奈川県箱根町って看板が見えて

箱根ぶっ倒したぞおおおおお!!!

 

あああああああああ!!!

 

めっちゃ叫びました笑

 

こん時は本当に嬉しかったです

 

あと、

 

2度と登らねぇ

 

とも思いました笑

 

この時、頂上付近の気温が-2度(3月中旬)

私は凍えに凍えていました

 

それに耐え、ひたすら先に進むと

 

すると、これは必然なのか?偶然なのか?

 

温泉宿を見つけました

 

ここは温泉一択でしょう

 

ってことで

 

ホテルむさしや で休憩
箱根芦ノ湖温泉 ホテルむさしや【公式】HOTEL MUSASHIYA

ここの温泉、ほんっっとにさいこうでした

 

激闘の後の温泉

 

至福でした

温泉から上がって、休憩所で雪が止むのを待っていると

 

もう夕方だったので

 

早く横浜に入りたかったので

 

すこし雪がちらついてましたが

 

出発することにしました

 

ホテルから出ると

 

山肌は白くなり

 

冬のような景色でした

 

つぐにつづら折りの坂が現れますが

 

温泉で回復した私には効かぬ

 

しばらく進むと

 

国道最高到達点の看板が見えました

 

874mですって

 

いまいち凄さはわからないんですが

 

箱根はやべえとこって事だけは言えますね

 

そしてそこからは

 

ボーナスタイム

 

下り坂です

が、雪で道路の状態があまり良くなかったので

 

安全運転

 

しかしこの日の温泉街の対向車線が大渋滞

 

それを横目に美しい風景の温泉街を

 

駆け抜けます

 

所々、箱根駅伝のテレビ中継でみたような道も

 

走りました

箱根駅伝でここ走ってる奴ってほんとオバケなんやな

 

って肌で感じました

 

テレビを見てるだけじゃ感じることができなかったであろう

 

貴重な体験でした

 

そして、下りきったあと、なんか名前は聞いたことある

 

箱根湯本駅に到着しました

 

川のそばにあり、なんだか好きな所でした

 

そして、先に進むと

 

だんだんと街並みが都会になってきました

 

そして、小田原に到着しました

 

しかし、この時点で手足がかじかんで

 

箱根のダメージもあり、こぐ気力がなかったので

 

輪行バッグを使い

 

JRで横浜まで移動しました

 

ありがとう輪行バッグ

 

横浜に降り立ち

 

横浜駅の構造に戸惑いながらも

 

なんとか外に出ることができました

 

で、JRのおかげですこし時間に余裕ができたので

 

みなとみらいあたりを徘徊しました

 

なんか神戸に似てるなぁと思いつつ

 

やはりおしゃれやなぁ

 

素敵やなぁ

 

と思いました

この日は横浜のネカフェで店じまい

 

165キロ

 

箱根もぶっ倒したので

 

もう思い残すことはありません

 

ついに翌日がゴールです

福岡→東京 チャリ旅 最終日

朝7時に横浜のネカフェをでます

 

天気は最高で、気温も暖かく

 

走っていて気持ちが良いです

 

1号線に戻り、ひたすら進みます

 

この辺りも特になんもない平坦道で

 

走りやすかったです

 

川崎市にはいり、

 

そしてついに入りました

 

東京都大田区!!

めっちゃ写真撮りました

 

でもゴールは東京駅なので

 

まだまだ進みます

 

東京都内を走っていて思うのが

 

意外と坂が多い

 

ことです

 

しかも傾斜がある坂道が多い

 

平坦な道がほとんどって印象が強かったから驚きでしたね

 

そして、国会議事堂付近を通り

 

ついに

東京到着

 

いえええええええええええい

 

 

総移動距離1100キロ

 

かかった日数 6日

 

使用車両 GIANT ESCAPE R3 (クロスバイク)

 

クロスバイクは、ハンドルが平坦で

 

ハンドルが動物のツノみたいになってるドロップハンドルと比べて

 

力が入りにくいですが、その分疲れにくい特徴があります

 

また、タイヤの太さがロードバイクと比べて太いので

 

スピードは劣りますが、安定感があり、長距離の旅には

 

良いのではないでしょうか

 

バックパック THE NORTH FACE

 

言わずと知れた、The north face のダッフルシリーズ

 

防水機能を備え、150Lまでのサイズ対応があり、

 

カラー展開も豊富

 

あらゆるニーズに応える懐が深いバックパック

 

私は70Lのやつを購入しました

 

このチャリ旅では充分な容量でした

 

ここからは、東京での様子

おしゃれな街ですねぇ

 

築地では、吉野家一号店を食べました

 

すごく心地よい気温で、隅田川は最高でした

 

浅草寺近くの老舗の天ぷらを食べたんですが、接客、内容、質

 

どれも微妙、、、

 

こんなもんか?!浅草の老舗の天ぷら屋ぁぁあ!

 

帰るまでが遠足ってね

おつかれさん私

 

まとめ

ほんの対抗心からすることになった東京へのチャリ旅ですが

 

結論、

 

チャリ旅してよかった!!

 

と思います

 

きついのはもちろんなんですが

 

それ以上に、非日常的な体験ができあというのは

 

わたしの貴重な財産です

 

今となって、こうやって記事になってるし

 

この記事がなんかのチャンスに繋がるかもしれないです

 

チャリ旅じゃなくても

 

普通に飛行機や電車で旅に出てもいいし

 

バイクや車で旅に出ても良い

 

とにかく非日常的な体験に時間や労力を使うって経験が

 

大事なのかなってこの記事を書いてて思いました

 

この記事を読んで、チャリ旅じゃなくても

 

旅に出たくなったって少しでも感じてもらえたら

 

わたしも嬉しいな

この記事のプレイバック
前編
福岡→東京 チャリ旅の記録 前編 – セクシー系アスリート管理栄養士です。

中編
福岡→東京 チャリ旅の記録 中編 – セクシー系アスリート管理栄養士です。

こちらのアカウントでも、食事や栄養に関することを呟いているのでフォローお願いします!
だん@変態アスリート管理栄養士 (@YD150) on Twitter