アスリート管理栄養士が選ぶ

マルトデキストリンをオススメする理由

この記事では、マルトデキストリンが筋トレをする人、トレーニーやアスリートの間で飲まれる理由について、アスリート管理栄養士が分かりやすく解説していきます

今回は

マルトデキストリン

について解説します

 

テレビや雑誌の特集や

ダイエットで話題になったこともあるマルトデキストリ

アスリートやトレーニー、筋トレする人の間では

とても機能的なエネルギー源として愛用されています

 

今回はそのマルトデキストリンについて

アスリート管理栄養士が解説していきます

 

メリット、デメリット

 

アスリートやトレーニー、筋トレをする人に向けて

マルトデキストリンを飲む事のメリット、デメリットを

先にお伝えします

 

メリット

•筋肉を大きくするのに役立つ

•競技、workoutのパフォーマンスの維持や向上に役立つ

デメリット

•出費がある(ゆーても数キロ単位で1000円くらい)

•荷物がかさばる

 

 

まずはwikiってみましょう

 

マルトデキストリン(Maltodextrin)は、デンプンの部分的な加水分解によって作られ、クリーム色の吸湿性の粉末となる多糖である。マルトデキストリンは消化しやすく、グルコースと同じくらい速く吸収される。程よい甘みがあり、匂いはほとんどない。天然の炭酸飲料やキャンディを作るのに用いられる。

ほうほう

 

分かりやすく言うと

米の主成分でもあるデンプンを分解したもので

粉末状であることが多い糖類の1つ

そんな感じですね

 

特筆すべきは

体内に消化吸収されるスピードの速さ

程よい甘さ

ですね

 

この2つについて詳しく掘り下げてみましょう

体内に消化吸収されるスピードの速さ

これはマルトデキストリンがアスリートやトレーニーの間で

貴重なエネルギー源とされる大きな理由です

 

筋トレをする人やアスリートやトレーニーは競技やworkoutのパフォーマンスを

発揮して、維持する必要があります

 

筋トレをする人やアスリートやトレーニーは一般人より運動量が多く

体内で利用されるエネルギー量が高いですね

 

すると、体内のエネルギーを使い切ってしまって

思うようにパフォーマンスを発揮できなくなることがあります

 

それを防ぐためにworkoutや競技前に栄養補給をすることが

多いんですが

その栄養補給の内容によってパフォーマンスに影響してきます

パフォーマンスを発揮、維持する為には

消化吸収のスピードの速さ

これを重視した栄養補給をする必要があります

 

これに最適とされるのが

マルトデキストリン

なのです

 

ここで質問をします

 

試合やworkoutが始まる何分前からあなたは何を食べていますか?

1時間前に唐揚げ!
1時間前にハンバーグ弁当!
2時間前に焼肉!

 

おそらくこう答える方もいらっしゃると思います

 

超人的な消化スピードを持つ方なら別なんですが

脂質を多く含んだ料理や食べ物や飲み物

肉、魚といった動物性食品などは

体内に消化吸収されるまでに

数時間かかってしまいます

 

もし1、2時間前に

上のような食事を摂ってしまい

試合やworkoutを行うと

胃や腸といった消化器官が休憩してしまうので

消化吸収できていない食事が体内に残留して

お腹に違和感が残ったり、体が重く感じたり

パフォーマンスを下げてしまう恐れがあります

 

その点マルトデキストリン

消化吸収速度が1時間もかからず

主成分が糖類なので

タンパク質や脂質と比べて胃腸への負担も少なく

素早くエネルギーとなる

という特徴があります

 

水なんかに溶かして、運動中にちょびちょび飲んだり

運動前に一定量飲んだりしても

パフォーマンスに影響をあまり与えずにエネルギー補給ができます

 

その一方で

パンとかおにぎりとかでもいいんじゃないの?

って声が聞こえてきそうですよね

 

その答えは

もちろんパンやおにぎりとかでも構いません

 

しかし、パフォーマンスを発揮、維持したいのなら

消化吸収時間を逆算して、食べるとよいでしょう

おにぎりやパンは

マルトデキストリンと比較すると

圧倒的に固形なので

消化吸収に時間がかかってしまいます

 

日本のスポーツ栄養界隈では

運動の2〜3時間前に食事をすると良いと言ってる方が多いです

 

マルトデキストリンの程よい甘さ

ここでは、どちらかと言うと筋トレをする人やアスリートやトレーニーより

病気に罹患してる人や患者さんの世話をしてる人に向けた内容です

 

程よい甘さもマルトデキストリンの特筆すべき特徴です

甘さのレベルで言ったら

砂糖とお米の中間くらいですね

 

なぜここでマルトデキストリンの甘さについて触れてるのか

それはヒトが口にするものだからです

 

ヒトには味覚が備わっていて

美味しくないと感じるものは

脳が口にしたくないと

反応してしまいます

 

マルトデキストリンは、病院や臨床の現場でよく使われる

食品の1つです

 

粉飴

って聞いたことありますか?

 

粉飴の原材料はマルトデキストリンです

一体どんな人に使われるのかと言うと

 

腎臓を悪くした方です

 

腎臓の機能が落ちてしまうと

食事の内容もたんぱく質を抑えて

糖類や脂質を多くした食事にしなければなりません

 

そうすると食事の内容は

揚げ物が多かったり

油や砂糖をたくさん使ってエネルギー源を

確保しなければなりません

 

そうすると食事の内容が

重たくなってしまう傾向にあります

 

例えば野菜と芋の煮物を作るとします

エネルギー量をある程度確保する為に

砂糖を多く使うとしましょう

エネルギー量は上がったんですが、味は、、、、甘すぎ

って具合になってしまいます

 

そこで役に立つのが

控えめな甘さを持つけどエネルギー量は確保できる

マルトデキストリン(粉飴)です

 

他にもおやつのドーナツやゼリーなどに入れたり

あらゆる料理に取り入れやすいのが特徴です

 

筋トレをする人やアスリートやトレーニーがマルトデキストリンを飲んでる理由

 

先ほども消化吸収のスピードに関して

筋トレをする人やアスリートやトレーニーが飲む理由に少し触れましたね

パフォーマンスを発揮、維持する為には

消化吸収のスピードの速さ

これを重視した栄養補給をする必要があります

これに最適とされるのが

マルトデキストリン

パフォーマンスの維持に関したお話をしましたが

 

ここでは

筋肉

に関したお話をします

 

筋トレをする人やトレーニーやアスリートがマルトデキストリンを飲む理由は

エネルギー補給という目的もあるのですが

その裏には

筋肉の分解、たんぱく質のエネルギー利用を防ぐ

という目的が隠れています

 

試合やworkoutでエネルギー源である糖分(グルコース)を

使い切ってしまうと

筋肉の貴重な材料であるたんぱく質(アミノ酸)を

エネルギー源として使う

筋肉を分解してエネルギー源を生み出す

こういうことが起こってしまいます

 

筋トレをする人やアスリートやトレーニーにとっては

それはマイナスでしかありません

 

それを極力防ぐために、エネルギー源を

枯渇させないよう筋トレをする人やアスリートやトレーニーは

努力をしています

 

そのメジャーな手段の1つが

マルトデキストリンを活用する

ことですね

 

マルトデキストリンよりグルコースがよくない?

 

こういう疑問も出てくると思います

 

これは、浸透圧と消化器官への負担がポイントです

 

グルコースはマルトデキストリンに比べ

分解が進んでいて、

ちょっと難しい表現になるんですが、

分子量が多くなって浸透圧が高い状態になります

 

水に同じ量のグルコースとマルトデキストリンを溶かすと

グルコースが濃い水

マルトデキストリンがそれより薄い水になる

って感じです

 

もし胃や腸などの消化器官に濃いグルコースの水が

たくさん入ってしまうと、浸透圧の関係で

結果的に胃や腸に負担をかけて、パフォーマンスを落とす可能性があります

 

マルトデキストリンだと、グルコースに比べて

濃度が低いので、グルコースに比べると胃や腸への負担が

減るんですが、グルコースに比べると

消化吸収のスピードは劣ります

 

それでもマルトデキストリンの消化器官のスピードは

十分だとわたしは思います

 

マルトデキストリンの飲み方

 

基本的に水単体で飲むことはあまりオススメしません

変に甘い砂糖水みたいになって飲む気がおきないからです

 

フレーバーBCAAやプロテインと混ぜて飲むと

飲みやすいでしょう

 

オススメのマルトデキストリン

 

ここではオススメのマルトデキストリンを紹介します

 

バルクスポーツ カーボパウダー MD 2kg ノンフレーバー

バルクスポーツ カーボパウダー MD 2kg ノンフレーバー

BULKSPORTSのマルトデキストリンです

日本のアスリートからの信頼も厚い

国産プロテインブランドのマルトデキストリンです

 

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

H+Bライフサイエンス 粉飴顆粒 1kg

 

医療食現場でも使われるマルトデキストリンです

表記は粉飴ですが

がっつりマルトデキストリンです

原産国はフランスですが

質は間違いありません

コスパもこれが格段良いですね

 

 

これは皆さんご存知のSAVASのウエイトアップ

この商品の特徴は

マルトデキストリンとプロテインを配合してある事です

運動前や運動中、後に飲む事で

効率的な栄養補給ができるという商品です

バナナ味ですが、牛乳や低脂肪乳で割って飲むことを

強くオススメします

水単体で飲むと、、吐きます笑

 

おわり

 

いかがでしたでしょうか?

筋トレをする人やアスリートやトレーニーがマルトデキストリンを活用する理由は

筋肉を大きくするのに役立つ

競技、workoutのパフォーマンスの維持や向上に役立つ

大きくはこの2つです

 

せっかく鍛えて

プロテインやBCAAを飲んでも、エネルギーが不足していたら

プロテインやBCAAが筋肉の材料ではなく

エネルギー源として使われてしまうし、もったいないですよね

 

競技やworkoutのパフォーマンスを維持するためにも

エネルギー源の摂取は怠らないようにすると

良いでしょう

 

その為、マルトデキストリンというチョイスは

賢いのではないのでしょうか?

 

こちらのアカウントでも、食事や栄養に関することを呟いているのでフォローお願いします!
だん@変態アスリート管理栄養士 (@YD150) on Twitter