アスリート管理栄養士が選ぶ

小学生・ジュニアアスリートがプロテインを飲むメリット・デメリットをアスリート系管理栄養士が解説するぞ

この記事では、小学生がプロテインを飲む事のメリットやデメリットをアスリート系管理栄養士が解説します。成長期のお子様やスポーツをされてるお子様がいらっしゃる保護者や指導者に役立ったら幸いです

 

今回は

 

小学生とプロテイン

 

この事に関して書きたいと思います

 

小学生がプロテインを飲む事に関して

様々な噂を聞いたことがあります

ムキムキになってしまう

身長が伸びなくなる

太ってしまう

など、根拠のない噂に振り回された経験はありませんか?

 

今回は小学生がプロテインを飲む事で得られる

メリットやデメリットを説明して

少しでも皆様の役に立てたらと思います

 

まず最初に

 

まず小学生でプロテインを飲むという選択をする人のほとんどは

運動をされてる子だと思います

 

我々管理栄養士からするとそういう子供たちは

ジュニアアスリートという呼び方をする場合があります

 

ジュニアアスリートは

成長期で、骨や筋肉、様々な臓器などが成長する為

日々の食事の内容を充足させる事がポイントとなる上

運動する事で、必要となるエネルギーや栄養素を

摂取する必要がある

という

通常の小学生より、いろんな意味で燃料を消費する子供です

 

ジュニアアスリートの中に

上のレベルへ進みたい

上手くなりたい

強くなりたい

そう願う子供達がたくさんいます

 

その為に、我々管理栄養士や保護者の方ができる事の1つに

最高の食事環境を提供することがあります

 

日々の食事内容を充実させ、食べてもらうことで

子供たちの成長の手助けをし

サポートをする事ができます

 

食事のサポートの手段の1つとして

今回お話しする

プロテイン

があります

 

プロテインにまつわるウワサについて

 

まずは小学生や中学生がプロテインを飲む事に関する

奇妙なウワサについて、皆様の誤解を解いていきたいと思います

 

プロテインを飲むとムキムキになってしまう??

 

私自身が小学生の時、

プロテインを飲んでる人=ムキムキマッチョ

っていうイメージがありました

 

今でもプロテインを小さいコの前で飲んだりすると

うわー!!まっするおじさん!!

みたいな感じでからかわれます

 

せめてオネェさんって呼びなさいよ

 

プロテイン=ムキムキになる飲み物

みたいなイメージがある子供が多いように感じられます

しかし実際はプロテインを飲むからムキムキになるのではなく

適切な負荷で適切な量のトレーニングを行い

適切な栄養補給をして適切な睡眠を行う事で

ムキムキマッチョな身体に近づく事ができる

というのが事実です

決してプロテインを飲むだけでムキムキマッチョになれる

訳ではありません

 

身長が伸びなくなってしまう

 

これも私が小学生の時に聞いたことがある噂です

プロテインを飲むと身長が止まるから飲まない方が良いよ

っていう話は根拠のないことですので

安心してください

 

むしろ、身体の成長に欠かせない成分を含む場合が多い

プロテインは勧めたいくらいです

 

プロテインを飲むと太ってしまう?

 

これは場合によってはあり得ます

成長期の子供の食事において

日々の食事だけで十分な栄養を賄えきれてるケースがあります

 

その場合

プロテインを飲む事はあまり必要はなく、

むしろ、過剰にたんぱく質などを摂取してしまうことになり

結果、そのたんぱく質が体脂肪として体内に貯蔵され

太ってしまうという事にもなりかねません

 

たんぱく質をいくら多く摂取しても、体内で利用される

たんぱく質にも限度があるからです

 

小学生がプロテインを飲むメリット

 

小学生がプロテインを飲むメリットは

不足する栄養素を充足できる

おやつ代わりにもなるので手間が省ける

子供達の食育にもつながる

大きくこの3つです

 

不足する栄養素を充足できる

 

シンプルですが、ものすごく重要なことです

プロテインを飲むことで、不足している栄養素

特にたんぱく質やビタミンB群やビタミンDやミネラルなどを

補うことができます

 

特に最近の子供向けのプロテインは開発が進んでいて

日本人の食事摂取基準や大規模な介入調査などで得られた

データなどから不足しがちな栄養素を割り出し

それに特化したプロテインなどが商品化されています

 

おやつ代わりにもなり、手間が省ける

 

最近の子供向けのプロテインは

ものすごくおいしくなっています

とくにココア味なんかはココアを飲んでるみたいです

おいしいので、子供達は進んで飲みたくなるでしょう

 

さらに水や牛乳でシェイクするだけなので

子供でも簡単に作れるので、保護者の方々の手間がはぶけます

 

子供達の食育にもつながる

 

こういう子供達向けのプロテインを購入を検討する段階で

成長する為にどんな栄養素が必要なのか

どんな食事を心がけると良いのかなど

親子で考えて話し合うきっかけにもなります

 

プロテインのパッケージの裏や

プロテインに付属することもある冊子なんかも

子供達の良い教材になります

 

実際私は小学生の時、スポーツショップのプロテイン売り場で

プロテインのパッケージを読むのが好きでした

 

最初に述べた通り

ジュニアアスリートは

普通の小学生より、必要とするエネルギーをや栄養素量が

多くなります

 

さらに厄介なのが

本人は十分に食べた気でいたとしても

本当はまだ栄養素が不足している場合があるケースがあります

 

もしエネルギーや栄養素が不足する状態が続くと

身長が伸びない

身体が大きくならない

調子があまりよくならない

こういうネガティブな結果につながる可能性があります

 

実際によくある事は

純粋にエネルギー量(カロリー)が不足していて

試合中に動けなくなったり(ガス欠)

たくさん食べてるのに、身長が伸びてても

それに見合った体重増加が見られない

などのケースが見られます

 

しかしご飯を食べさせてる保護者の方々は

何が不足していて何がオーバーしているか

なんて分かりませんよね

 

なので私がオススメする観察方法(モニタリング方法)は

毎日体重を測って、記録をつけること

日々の体調を観察しつつ

体重が急に落ちたり増えたりしてないか?

体重は適切で緩やかな増加であるか?

などを気をつけながら観察すると

異変があった時に対応しやすいです

 

小学生がプロテインを飲むデメリット

 

お金がかかる

 

プロテインは日々の食費プラスアルファで購入するモノ

と考えるのが一般的です

プロテインはなくても死にはしませんからね

 

ただ、おやつとして考えて購入するのであれば

大体一食分で50〜100円くらいのプロテインがほとんどなので

妥当な価格帯ではあると私は感じます

 

これは家庭によって考え方が違うので

検討して決めると良いでしょう

 

栄養の過剰摂取のリスクがある

 

プロテインは不足する栄養素を充足するという

強力な効果が期待できますが

その分、過剰摂取のリスクもあることを

頭に入れておく必要があります

 

過剰摂取に関してとくに気をつけるべきなのは

カルシウムやマグネシウムなどのミネラル

ビタミンA.D.K.Eといった脂溶性ビタミン

ですが、プロテインの成分を見てる限り

それらの栄養素の含有量で数十杯は飲まない限り大丈夫です

 

あとは、たんぱく質やエネルギー量に関してですが

もし1日に必要な栄養素量を摂取できてる場合に

プロテインを飲むと、その分のエネルギー量やたんぱく質が

オーバーしてしまい、体重が増えてしまう可能性があります

その点も頭に入れておく必要があります

 

毎日体重を測って記録しておけば対応できるので

そこまで神経質になる必要はありません

しかし、商品の1日の推奨量は守るようにしましょう

 

小学生にオススメのプロテイン

 

ここでは、外国産のプロテインは

日本の小児期や学童期の含有量の食事摂取基準やガイドラインと乖離してる

生産面、安全面でのリスク

これらを考慮し、国内メーカーのみの紹介とさせていただきます

 

あと、ぶっちゃけスポーツ量販店や店舗で買うより

アマゾンとか楽天で買ったほうが

圧倒的に安いのでオススメです笑

 

SAVAS ザバス

 

 

まずはイチオシの明治SAVASのジュニア向けのプロテイン

日本国内のジュニアからトップアスリートを対象とした

商品開発や育成活動には圧倒的な実績があり

アスリート系管理栄養士であるわたしも

自信を持ってオススメいたします

 

特にココア味がオススメです

フルーツ系の味は酸っぱかったり、不自然な味がする場合が

多いので、チョコ系やココア系が間違いありません

 

栄養素に関しても

カルシウムや鉄、ビタミンD.Bなど

ジュニアに不足しがちな栄養素を網羅してます

 

ウイダー

 

 

次もお菓子でおなじみの森永製菓系列のプロテインです

特徴は

プロテイン初心者や筋トレビギナー、ジュニアに親しみやすい

ネームバリューですね

あとは味に定評があることです

 

ザバスのココア味ではちょっと味が濃いかなー

みたいな人はこちらがオススメです

おそらく人工甘味料を使ってるか使ってないかの違いだと思います

 

IZMO イズモ

 

最後はこちら

国内メーカーでここ最近、コスパの良さで売り上げを伸ばしてる

ALPRON社が展開するIZMOシリーズ

 

特徴は

コスパの良さ

ですね

 

イズモではないんですが、アルプロンのプロテインが

ドンキホーテでも売られていますが、

他のプロテインと比べて圧倒的に安い!!

 

しかし、欠点は

やや泡立ちが強いので

そのまま飲むとゲッブ祭りになってしまいます

 

シェイクしてからしばらく置くか、クルクル回すかしないと

泡立ちがおさまりません

味は普通においしいです!

とにかく安く抑えたい方にオススメです

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

成長期の子供、ジュニアアスリートは

様々な栄養が必要になり、

必要なエネルギー量も多くなります

 

食事や補食、おやつで必要な栄養が賄いきれない場合に

プロテインという選択はオススメです

 

この記事をきっかけに

プロテインを活用していただいて

ジュニア世代のアスリートの育成に

少しでも繋がればと思います

 

こちらのアカウントでも、食事や栄養に関することを呟いているのでフォローお願いします!
だん@変態アスリート管理栄養士 (@YD150) on Twitter