アスリート管理栄養士が選ぶ

筋トレする人にオススメ!管理栄養士がHMBを紹介します!

この記事では、どのHMBサプリメントを選べばいいか分からない、オススメのHMBサプリメントを知りたい、そんな方々の為に、アスリート系管理栄養士が解説していきます

今回は

HMB

をテーマにお話をします

この記事も読んでみてください

あわせて読みたい
HMBってなんね?効果は?管理栄養士が解説するわよ!この記事では、トレーニーやアスリート・ダイエットしてる方々の間で何かと話題になっているHMBについて、アスリート系管理栄養士が解説してい...

HMBの効能について

 

前回の記事でも述べた通り

HMBの効果は大きく3

筋肉量を増やす

筋肉の分解を防ぐ

体脂肪量を減らす

この3つです

 

この3つの効果については

ポーランド科学生命大学の

Krzysztof Durkalec Michalski による論文を参考にしてます

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5537867/

内容はアスリートであるコンバット競技者達が

12週間のHMB摂取によって得られる効果ついて

プラセボ群による結果と共に考察されています

 

特筆すべきは

アスリート達の能力向上についても言及してること

体重増減が少なく、なおかつ筋肉量が増え、体脂肪量が減った

この2つだと私は感じました

 

トレーニー達の筋肥大や女性達のダイエットというマーケティングで

日本には流通してる印象がありますが

競技アスリートにとっても有用なサプリメントであることは間違いないでしょう

 

そして厚生労働省においてもHMBは、

高齢者におけるサルコペニアや低栄養に対する観点において、

改善の可能性があるという研究結果もあることを言及しています

 

このように日本においても

成人アスリートから高齢者までの市場があり

企業達もこぞってHMBサプリメントの開発に乗り出しています

 

しかしその背景には、マーケティング的な

売れれば良い

儲ければ良い

という思惑もあり、

残念ながら企業の広告の中には効果の誇張といった過剰な宣伝が見られます

 

その結果、消費者・ユーザーは選択に戸惑ってしまうという問題が多く発生しています

そんな問題を解決すべく

今回この記事を執筆することにしました

 

HMBの適切な摂取について

 

ここではHMBの適切な摂取について解説します

 

現在厚生労働省による日本人の食事摂取基準においては

当然のごとくHMBに関する摂取基準の記載はありません

上記の論文においても

適正量が言及されていますので

それを参考にしました

 

HMBがもたらす筋肥大に、最適な1日の摂取量は

3 gと言われています

これは、体重1キロ当たり38mgが目安量で

一般成人男性の体重を70キロとし、

それから2.6gという値が割り出せます

それを切り上げた値が3gなのでは?と思います

これを一回で摂取するんやなくて

血中濃度を日中一定に保つイメージ

回数を分けて飲む摂取法

が効果的だと思います

 

http://www.hmb.org/about-hmb/science-instead-of-hype/how-to-take-hmb

このサイトも参考にしました

HMBのパウダー状とタブレット状の違いについて

 

ここではダブレット状とパウダー状の商品の違いについて

述べたいと思います

 

他のサイトでは

両者の違いはあまりない

パウダーよりタブレットをのんどけ

みたいな意見もあり様々です

 

パウダーはHMBの純度が高いから過剰摂取のリスクがある

タブレットはHMBだけでなく他の有用成分も含んでいるのでオススメ

といった意見もあります

 

間違いではありませんが、

私としては

商品によって成分の内容は異なるし

ユーザーが求めるニーズによって形状は変わる

っていうのが私の意見です

 

パウダーとタブレットの比較意見です

パウダーは

特有の匂いに閉口してしまう方も多く

飲みにくい印象があります

香りが強いプロテインやBCAAなどの液体に溶かして飲むことになるので

そこまで気にはならないのですが

やはり携行したり、液体に溶かしたりする手間を考えたら

少しタブレットの方が魅力的かもしれません

タブレットはパウダーと比べると、計量しやすく、飲みやすく

携行しやすいことが大きなメリットです

 

オススメのHMBサプリメント

 

こちらはどちらかというと一般ユーザーからの人気が高い

HMBタブレットです

国内生産で最低限の包装という

日本の一般ユーザーの印象が良い商品です

成分的にも平均的で

1日あたり12粒で3g摂れます

初めての方はコレから試してもいいでしょう

 

こちらは日本の宮城県に拠点を置く

(株)ボディインターナショナル が展開する

BULKSPORTSのHMBタブレットです

地元のアスリートやチームとも提携していて

日本のアスリートやトレーニーたちから信頼を得ています

こちらは6粒で3gのHMBを摂取できます

こちらの商品は、

栄養補助食品認定の第三者機関で禁止薬物検査を受けている表記があります

すなわちドーピング対策における対応もしています

この辺りがアスリートに向けた商品開発の強さが出ていますね

 

 

こちらはアメリカの Optimum Nutrition社の

HMBタブレットです

アスリート向けのプロテインやサプリメントの売り上げが

世界各地でトップシェアを誇るトップブランドです

日本の店舗ではあまりお目にかかれませんが

製造面や成分の質の高さは世界トップクラスです

世界でも特に審査が厳しいとされる

FDA(アメリカ食品医薬品局)の審査を通っていることが

質の高さを物語っていますね

この商品の特徴はタブレット一粒が異様に大きいことです

一辺の長さは100円玉と同じくらいです笑

飲み込むのに少し躊躇してしまいますが笑

しかし1粒で1gのHMBを摂取できるので効率がいいですね

 

 

こちらにもHMBについて書いていますのでよかったら見てみてくださいね

あわせて読みたい
HMBってなんね?効果は?管理栄養士が解説するわよ!この記事では、トレーニーやアスリート・ダイエットしてる方々の間で何かと話題になっているHMBについて、アスリート系管理栄養士が解説してい...

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!