栄養士の働き方

飲食店に転職することになった管理栄養士の正直な気持ち

この記事では、委託給食から飲食へと転職をした管理栄養士のリアルな心境や働く心構えなど文章にアウトプットしたいと思います。個人的な気持ちの整理みたいなものです

この度私は

新卒で14ヶ月勤めた委託給食会社を退職して

飲食店という

新たなステージへと進むことになりました

なぜこの決断に至ったのかというと

新しい働き方にチャレンジしたかったから

という想いがあったからです

新しい働き方を紐解くと

これまで私は会社員として

決められた場所

決められた日数

決められた時間をベースに

労働して

決められた額の給料をもらっていました

福利厚生や社会保険も充実していました

安定してるステージで、栄養士業務を勉強できる

そんな素晴らしい環境で働けていたことは

感謝していました

しかしわずか24歳で、こんな安定した事やってていいの?

そんな想いもありました

だからせっかくだから次働くときは

もっとスリリングに楽しもう

明日死んでも良いように全力をつくせる生き方働き方が

できる選択をしようと思ったわけです

私が明日死んでも後悔しないような選択

フリーランス

飲食店での接客

まずそれが私の中で思い浮かびました

 

フリーランス

私はさっそく行動に移しました

税務署に個人事業主の届けを出しに行きました

それが裏目にでて数十万円損失してしまうんですがね笑

この記事に書いてます

栄養士・管理栄養士がフリーランスになるためには?この記事では、栄養士、管理栄養士がフリーランスになる為にはどんな手続きをすれば良いのか、どういう仕事をしているのかなどについてまとめたい...

いきなりフリーランスで稼いだ額がそのまま自分の生活に

直結するってすごくリスクがあるし

不安定です

だからまずはスモールステップとして

飲食店での勤務でベーシックインカムを作っておいて

そこからフリーランスとして

スモールステップを踏んでいく

そんな働き方を今からやっていきます

最低限日本で生きていける生活費などを

飲食店での勤務で賄い

プラスアルファはフリーランスとしての稼ぎ

という働き方です

だからフリーランスとしてはこれから

思いっきりリスクをとっていけると思うので

楽しんでやっていきます

でも正直怖いです

プロアマ問わず

まずはバスケアスリートに関わっていきたいな

そこから違う競技のプレイヤーやら業種の方と

一緒に仕事ができたらって願ってます

そしてブログ執筆やSNSでの発信も

続けていきます

飲食店での勤務について

 

私は学生の4年間

飲食店のアルバイトをやっていました

アルバイトに飲食を選んだ理由は

食べるのが好きだから

食が好きだから

そして私が管理栄養士の資格を取ろうとした理由も

食べるのが好きだから

食が好きだから

なんですよね

私のライフスタイルは

なんです

小さい時から関心があったのは

エロ本やバスケはもちろんですが

なんですよね

だから食に関わってる事はまったく苦ではないんです

飲食でのアルバイトもそうでした

キッチンから出された料理の盛り付けが美しかったら

感動する

キッチンから出された料理に知らない食材や工夫が加えられていたら

興味津々になる

バーカンからサーブされたカクテルが魅惑的だったら

うっとりする

そしてそれらをお客様にお出しして

驚いて

喜んで

美味しかったと言って

お客様がみせる様々な反応に

喜びを感じていました

ネガティブな反応は冷や汗モノでしたが

お店に食事をしにきてくださるお客様と店のスタッフが

一体になってる空間がきっと私は好きなんだろうな

だからまた飲食に戻ってきたんだろうな

これから飲食で働く上でポジティブなことばかり

起こるわけではありません

それでもお店に来てくださった方に喜んで満足して

帰っていただく為に自分自身も精進します

でも正直飲食で働くことは楽しくもあるんですが

同時に怖いとも思います

ここからは正直なきもち

 

この前、失業手当をもらわずに開業届をだしたのはすごく愚の骨頂だったし、数十万損失したのは相当痛手でこれから数ヶ月の生活が厳しくなるのがとても恐ろしい。ここでもお金ってゆーやつに振り回されてる自分がいるんだなと実感した。実際にお金がないと今の世の中上手く生きていけない。お金を得る額は置いといて、ベーシックインカムを受け取りながら本当に自分がやりたいことをやってプラスアルファのお金を稼ぐってのが自分の中で1番イケてるし、自分が一番幸せになれると信じてる。だから今回の新しい働き方にシフトチェンジしたわけだが、その決断に至るまで随分と時間がかかったな。もっと早くやっておけばよかったと後悔もしてる。これからもあの時もっと早くやっておけば、、、と後悔する時が何度も来る。自分が今一番楽しんでいるバスケでもそう。悔しい思いや後悔を何度も何度もして、自分を奮い立たせてワークアウトに励むことの繰り返しで、それが決して結果を保証するわけでもなくて。でも結果がだせなかった時、その瞬間のことをこの先何度も何度も後悔するんだろうね。だから辞めてしまうってのはムリだ。ならどうする?やり続けるしかない。結果がでるまで。もしそのまま死んでしまったら私はその時初めて満足するんだろうなぁ。やり続けることができた自分に。

まとめ

 

新しいステージに進むにあたり

自分の正直な気持ちを連ねてみました

アウトプットしてみるとなかなかスッキリするものですね笑

明日死んでも後悔しないよう全力をつくせる環境を

手に入れた私がこれからどうなるのかは

これまた私次第なんだな

っしゃやりましょうかね

意味不明な自己満足の記事を読んでくださりありがとうございました