プロテイン・サプリ

体脂肪の増加を抑えてくれる栄養成分をまとめてみたぞ

この記事では、体重を減らしたい!体脂肪を減らしたい!ダイエットしたい!そんな方の為に、体脂肪の増加を抑制する成分について管理栄養士の目線でまとめてみました。

 

今回は

体脂肪の減少によるダイエットに

効果があると言われてる成分についてまとめてみました

 

巷では、ダイエットに関する様々な情報や商品などが蔓延しています

もちろん中にはなんの根拠もないような

ダイエット法が紹介されています

 

今回紹介するのは、

どの栄養成分が人間の体内でどのような経路を経て

体脂肪の増加を抑えてくれるのか

についてです

 

今回紹介する栄養成分は

体脂肪の増加を抑制する働きがありますが

体重を減らす結果に繋がるとは必ずしも限りません

 

消費エネルギーと摂取エネルギーのバランス

体重を減らす基本的な考えとして

その中で体脂肪を減らすのであれば

今回紹介する栄養成分の摂取を意識すると

良いでしょう

 

カルニチン(L-カルニチン)

 

カルニチンとは、たんぱく質を分解したアミノ酸の一種です

これは、体内でも合成されるアミノ酸で

脂質がエネルギーとして、体内で使われる為に

必要な栄養素です

 

これがどうやって体脂肪の増加を抑えるのかというと

運動を一定時間続けていると

体内に存在する体脂肪が遊離脂肪酸という

フットワーク軽めの脂肪に分解されます

 

この遊離脂肪酸は、カルニチンと結合すると

細胞内のミトコンドリアという

エネルギーをつくる工場の中に取り込まれて

エネルギーをつくるための材料になります

 

つまり、運動前か運動中にカルニチンを摂取することで

体内の体脂肪をエネルギーとして

利用する事が期待できます

 

多く含まれる食材は

羊肉です

日本ではあまり出回っていませんので

サプリメントで摂取するのも

1つの手でしょう

 

 

日本の宮城県に拠点を置くスポーツ栄養ブランドの

BULK SPORTSの

L-カルニチンです

日本のアスリートや減量を目指すトレーニーから

利用されているサプリメントの一つです

 

 

共役リノール酸(CLA)

 

脂質の仲間である脂肪酸という名前は聞いたことありますか?

善玉脂肪酸や悪玉脂肪酸なんかで耳にした事があると

思います

 

この共役リノール酸は、

簡単に言えば、

酸化しやすい(悪くなりやすい)脂肪酸の仲間である

リノール酸の変異種です

 

この辺は頭に入れなくてもいいんですが

どんな働きをするのかだけは

頭の隅っこにでも入れておいて頂きたいです

 

この共役リノール酸は大きく2つの体脂肪を減らす

働きをします

脂肪を分解してくれる酵素を助ける働き

そして

細胞内に脂肪を溜め込む作用を持つ酵素の働きを抑える働き

 

この2つの働きによって

体脂肪の増加を抑えてくれます

 

脂肪を分解してくれる酵素

 

ホルモン感受性リパーゼという酵素のことで、

ホルモン感受性リパーゼは、脂肪組織に貯蔵してあるトリアシルグリセロールという

体脂肪の一部を分解します

 

分解されたトリアシルグリセロールは、脂肪酸のかたちで血液中に放出され、

他の組織で空腹時のエネルギー(ATP)として利用されます

 

細胞内に脂肪を溜め込む作用がある酵素

 

リポたんぱく質リパーゼという物質です

リポたんぱく質リパーゼは、血液中のリポたんぱく質という

体内で脂質を運んでくれるトラックに積んであるトリアシルグリセロールを

分解してくれます

 

分解されたトリアシルグリセロールは、

脂肪組織に取り込まれ、

貯蔵用のトリアシルグリセロールとして蓄えられます

これがいわゆる太ったという状態です。

 

ともかく

共役リノール酸は体内で体脂肪に関する重要な働きを持つ酵素に関わる栄養成分

ということを

理解していただけたら幸いです

 

どんな食品に含まれるのかというと

牛乳やチーズなどの乳製品や牛肉から

摂取ができますが

共役リノール酸自体を効率的に摂取するのであれば

食品で摂取するより、サプリメントなどの方が

効率的に摂取できます

 

これはイギリス発のスポーツ栄養ブランドである

My proteinから発売されている共役リノール酸です

このブランドはここ近年で世界シェアをぐんぐん伸ばしている

ブランドであり

世界トップシェアを誇るアメリカのブランドに

追いつく勢いです

管理栄養士の私もプロテインを始め、

様々な商品を愛用しています

もちろんこの共役リノール酸も

減量時に服用します

 

 

コエンザイムQ10(ビタミンQ)

 

コエンザイムQ10は一般的にあまり知られてない栄養素で

我々栄養士の中でもどっちかというとマイナーな

栄養成分です

 

この栄養素は簡単に言うと

体内のエネルギー物質として知られる

ATP(アデノシン三リン酸)を作り出すための

カギの1つです

 

これは体内に多く存在しており、細胞内の

エネルギー工場であるミトコンドリアに存在してます

 

そんなコエンザイムQ10

エネルギー工場であるミトコンドリアに入荷してきた

脂肪酸という材料をエネルギー物質(ATP)に加工する過程で

効率的に働いてくれる機械のような働きをしてくれます

 

簡単に言うと

体脂肪を効率よくエネルギーに変換してくれる栄養素

という感じです

 

しかし、コエンザイムQ10

歳をとるにつれて、体内から減ってしまうので

それに伴って、体脂肪をうまくエネルギーに変換する力が

弱まってしまいます

 

これを食事やサプリメントで補うことによって

防ぐ事ができると考えられています

 

また、抗酸化作用が強い栄養素でもあるので

ビタミンACEと合わせて

摂取を推奨します

 

どんな食品に含まれるのかというと

イワシやサバ、秋刀魚などの青魚

牛肉

大豆やピーナッツなどに含まれます

 

しかし、吸収効率はそんなに良くない為

コエンザイムQ10を効率よく摂取したいのであれば

サプリメントから摂取するのが良いでしょう

 

まとめ

 

今回は3つの栄養成分に絞って紹介しましたが

体脂肪を抑えてくれる栄養成分は他にももっとありますし

新しい栄養成分も発見され続けています

 

しかし、体脂肪を減らすのであれば

その明確な目的、理由をはっきりとさせて

紹介した栄養成分を極端に摂取するのではなく

トータルの食生活のバランスを考えながら(マクロ栄養など)

これらの栄養成分を活用しましょう

 

ここまで読んでくださりありがとうございました