栄養士の働き方

新人管理栄養士が新卒入社した会社から飲食店に転職してみた

この記事では、新卒入社した委託給食会社から飲食店に転職をした管理栄養士が、飲食店に転職してみて感じたメリットやデメリットをお伝えします。転職や飲食店で働くことに悩んでる栄養士や管理栄養士に読んでいただけたら幸いです

今回は

飲食店に転職した管理栄養士が感じた

飲食店の良いところと悪いところを

まとめてみた

という事で

飲食店で奮闘する私が

飲食店への転職を考えてたり、就職を考えてたりする

皆さんの為に

出来るだけリアルな意見をお伝えしていきます

こちらに栄養士の働き方に関する記事をまとめてます

管理栄養士の転職や就職に関する記事もありますので

よかったらみてみてください

https://dietitian2018.com/entry/category/%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%A3%AB%E3%81%AE%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9

飲食店に転職・就職するメリット

食材・調理に関する知識がつく

飲食店で働いてると、必ずと言ってもいいほど

身につく能力です

私の場合は、洋食寄りの店に勤務していて

ホール業務をしていますが

お客様に自信を持って説明する為にも勉強をする必要があります

勉強する気がなくても

スタッフやお客様から説明を求められるケースがあるので

自主的に勉強しなくても知識が身についてしまう場合もあります笑

私がいる職場では

スタッフ向けに、ワイン勉強会や試食会を始め

様々な勉強をする機会が提供されます

そこで知識をインプットして

実際にお客様に説明

すなわちアウトプットすることで

知識が定着する仕組みが出来上がっています

そもそも飲食店で働きたい方は

食材や料理や食べることに興味がある方が

多いと思いますので、

働いていると、自然に知識はメキメキ身につきますよ

コミュニケーション能力が上がる

飲食店で働くと

あらゆる場面で様々な人とコミュニケーションを取る

必要があります

接客

スタッフとの連携

電話対応

など

様々なシーンがありますね

接客においては

相手の見た目や話し方や様子から

どんなコミュニケーションをとったら

楽しんでくれるか

非日常を感じてくれるか

喜んでくれるか

などを考えながらコミュニケーションを取ることで

自分のコミュニケーション能力や技術も鍛えられるし

売り上げの貢献にも繋がります

マニュアル通りの無機質な接客なら

ペッパー君にだってできますね

スタッフとの対応では

お互いにコミュニケーションを密に取る必要があります

なぜなら、スタッフ同士の連携がしっかり取れてないと

インシデントやアクシデントに繋がる可能性があるからです

多いのは

料理やドリンクのオーダー漏れ

予約のブッキング

などが挙げられます

この2つは、スタッフ同士のコミュニケーションを

質の高いものにすれば、大半は防げるものです

思わぬきっかけやサプライズに出会える

飲食店で働いていると

本当に多くの様々な人達と出会う事ができます

さらに、高い確率でコミュニケーションを取る事ができます

お客様

スタッフ

業者さん

この中には、自分にとって大事な存在になる人物も

含まれているかもしれません

具体的には

自分のメンターと出会う

自分のパートナーに出会う

自分のビジネスパーソンに出会う

こんな可能性だってあるんです

私が飲食店で経験した具体例

昔の地元の人に再開できた

自分のビジネスのサポートをしてくれる人に会えた

テレビに出演できた

こういう出来事がありました

前の職場の経験や資格を生かせる

私の場合は

管理栄養士の資格を保持していて

委託給食会社で調理業務もしていたので

一から全て教えて頂くというケースではありませんでした

今の職場にも栄養士が何人かいますが

みんな資格やその知識を活かして

調理業務やメニュー開発などに

取り組んでいるようでした

他にも、事務作業でPC慣れしていたり

POP制作の経験があったり

経理や税務の知識や経験があると

会社からは重宝される場合もありますよ

飲食店に転職・就職するデメリット

賃金が安い

これは日本において

広く認知されてる事ですね

経験や技術、役職によって差はありますが

基本的に飲食店は

時給換算するとアルバイトくらい

もしくはそれより安い賃金になるケースが

非常に多いです

なんで給料安い業界にわざわざ飛び込んだの?

って質問もきますが

飲食が好きだから

食に関わる仕事が好きだから

私はこの理由だけでやってるようなものですね笑

好きなことできて、給料貰えてるから

それだけで私は幸せなんです

拘束時間が長い場合もある

特に飲食店はサービス業であり

基本的に休みは少ない業界です

もちろんそうでない所もありますが

飲食店は

営業時間に加えて

営業をする為の準備をする時間を必要とします

例えば

食材の発注を始め

料理の仕込みや

売り上げの管理をする必要があり

それに伴って拘束時間も

長くなってしまいます

店舗のマネージャーなんかは

店のこと以外の事もしなければならない場合もあり

休日をつぶすケースも多々あります

一例に過ぎないのですが

よっぽど飲食が好きではない限りは

苦痛と感じてしまう可能性もあるでしょう

パワハラ・モラハラなどの温床になりうる

これは本当に運だと思うんですが

職場によって当たり外れがあります

幸い私の職場はそういった事がないのですが

以前私が働いてた職場や

知人の職場では頻繁にそういった事が

起こっています

飲食店もストレスが溜まりやすい職場の1つで

それに伴い、適切でない行動をとる人もいます

そういった事に対処していかなければならない事も

頭に入れておくと良いでしょう

私なら過度なストレスと感じたらすぐに距離をおきます

(すぐに辞めます)

まとめ

わたしが飲食店に転職をしてから

感じたメリット・デメリットを書き連ねてみましたが

これはあくまで一例に過ぎないということを

ご理解願います

飲食店は

食が好き

人が好き

楽しんでもらう・喜んでもらう事が好き

そんな方にはめっちゃ楽しい職場だと感じます

私は

食が好きだし

人に楽しんでもらう事が好きです

それでお金がもらえてるんですから

今、ハッピーに過ごしてます

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

こちらに栄養士の働き方に関する記事をまとめてます

管理栄養士の転職や就職に関する記事もありますので

よかったらみてみてください

https://dietitian2018.com/entry/category/%E6%A0%84%E9%A4%8A%E5%A3%AB%E3%81%AE%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9