アスリート管理栄養士が選ぶ

ホエイホエイプロテインアイソレート(WPI)と他のプロテインの違いについて管理栄養士が解説するぞ

この記事では、数あるプロテインの中でも、ホエイプロテインのホエイプロテインアイソレート(WPI)の概要や効果、メリット・デメリットを管理栄養士が解説します

 

WPI(ホエイプロテインアイソレート)とは?

 

WPI

ホエイプロテインアイソレートの略です

WHEY PROTEIN ISOLATE の頭文字の事です

 

ISOLATE の意味は

単離させる

離させる

 

ホエイプロテインが主体の製品には

コストやコンセプトの関係から

ホエイプロテインの他にも

ソイプロテインやカゼインプロテインなどの

他の種類のプロテインや

ビタミンやミネラル、脂質や炭水化物を含んでいます

 

ホエイプロテインアイソレートは

これらの物質を出来るだけ取り除いて

ホエイプロテインの純度を高めた製品です

 

ホエイプロテインやソイプロテインや

カゼインプロテインなど

プロテインだけでも数種類ある事はご存知でしょうか?

 

今回はその中でもホエイプロテインの

ホエイプロテインアイソレートについて解説します

 

プロテインだけでも種類があるのにホエイプロテインにも更に種類があるの?!

私は正直そう思いました

 

ホエイプロテインの中でも

WPI(ホエイプロテインアイソレート)

WPC(ホエイプロテインコンセントレート)

CFM(クロスフロウマイクロフィルタレーション)

加水分解ペプチド

少なくともこんな種類があります

これらの違いは製造方法です

 

ホエイプロテインアイソレート(WPI)の製造方法

 

みなさんはホエイプロテインがどのように

作られるのかはご存知でしょうか?

知ってる方は多くはないでしょう

 

DNS より引用

 

ホエイプロテインの原料は牛乳です

牛乳を発酵させると

液体と固体に分かれるのはご存知でしょうか?

 

小学校や中学生の時、ロッカーや机の中に

数ヶ月牛乳パックを放置した人がいたと思います

その牛乳パックを興味本位で開けて、

流しに流してみた人はわかると思いますが

牛乳の白い液体ではなく

黄色い液体と、白い固体に変わっていたはずです

 

白い固体の正体はチーズ

黄色い液体の正体が、ホエイプロテインの原料になる

ホエイ(乳清)というものです

 

このホエイをUF処理という

ろ過にかけます

 

UF処理とは?

MF膜の孔径には0.01μmから10μm程度のものがあります。従って、この孔径より大きい物質は捕捉され“固液分離”がおこなわれます。UF膜は分子量で千から数十万の高分子物質やコロイド状物質を阻止し、それ以下の低分子物質やイオン類を透過させる“分子ふるい”がおこなわれています。両膜の分画範囲の一部はオーバーラップしますが一般的に言ってMF膜は目が粗く、UF膜の方が細かいと言えます。

簡単に言うと

めっちゃ細かい網に通しますよー

って処理です

 

そしてろ過したあとの物質を

さらに加工するわけですが

濃縮&乾燥

MF(マイクロフィルタレーション)

イオン交換処理

これらの加工過程によって

WPI(ホエイプロテインアイソレート)

WPC(ホエイプロテインコンセントレート)

の違いが出てきます

 

今回の主役であるホエイプロテインアイソレート(WPI)ですが

イオン交換処理もしくはMF処理(マイクロフィルタレーション)

によって製造できます

 

イオン交換処理

 

先ほどのUF処理したやつのpHを調整して

マイナスに帯電させた樹脂に

プロテインを吸着させて分離する方法です

 

MF処理(マイクロフィルタレーション)

 

先ほどのUF処理したやつよりも

さらに細かい網目のフィルターに通して

ろ過します

どんだけ細かいねん笑

 

いずれの方法でも

たんぱく質含量は他のプロテインよりも高い特徴があります

 

WPI(ホエイプロテインアイソレート)と普通のプロテインの違いは?

 

最初に述べた通り

普通のプロテインより

ホエイプロテインアイソレートは

たんぱく質の含有量が多い

乳糖を出来るだけ減らしている

価格が少し高い

大きくこの3つの特徴があります

 

WPI(ホエイプロテインアイソレート)の効果

 

ホエイプロテインアイソレートで期待できる効果は

たんぱく質の消化吸収速度を高くする

乳糖によるネガティブな効果を出来るだけ抑える

この2つが挙げられます

 

たんぱく質の消化吸収速度を高くする

 

ホエイプロテインアイソレートの特徴ですが

ホエイプロテインの濃度を出来るだけ

高めてあります

 

プロテインの体内への消化吸収に関して言えば

含まれる脂質がプロテインの消化吸収の

邪魔をしてしまいます

 

その脂質を出来るだけ取り除いてやって

プロテインの純度を高めて

プロテインの体内への消化吸収速度を

上げる事を可能にしたのが

ホエイプロテインアイソレートです

 

乳糖によるネガティブな効果を出来るだけ抑える

 

日本人の中には

牛乳を飲んで、お腹の調子が悪くなってしまう人が

多く見受けられます

 

これは乳糖不耐症というもので

乳糖を体内で分解する酵素をもっておらず

消化不良を起こしてしまう

それが原因でパフォーマンスを落としてしまう事があります

 

普通のホエイプロテインにももちろん乳糖が含まれています

ホエイプロテインを飲んでお腹の調子が悪くなってしまった

経験がある方がいらっしゃると思います

 

その原因は断定できませんが

乳糖不耐症の可能性があるのであれば

ホエイプロテインアイソレートを飲んでみる事を

おススメします

 

ホエイプロテインアイソレートは

製造過程において

乳糖を出来るだけ取り除いている為

乳糖によるネガティブな効果を

感じる事が少なくなるという

大きな特徴があります

 

WPI(ホエイプロテインアイソレート)のメリット・デメリットは?

 

メリット・デメリットを大まかにまとめます

メリット

 

たんぱく質含有量が他のプロテインと比べて高い

 

製造過程の通り、ホエイプロテインアイソレートは

ホエイプロテインの純度が高いです

 

ですので、必然的に他のプロテインと比べて

たんぱく質の含有量は多くなります

 

たんぱく質の含有量が多いことは

より多くたんぱく質を体内に消化吸収させたい場合に

他の成分が混ざっていたら、その分たんぱく質の

消化吸収速度に影響が出てしまう可能性もあります

 

乳糖による胃腸の影響が少ない

 

乳糖による胃腸の影響は

パフォーマンスや日常生活にも支障をきたします

 

そんな事を気にせずに

プロテインを摂取できることは

大きなメリットでしょう

 

消化吸収速度が速い

 

たんぱく質の含有量が多い事と内容が被りますが

たんぱく質の含有量が製品に対して

多ければ多いほど

たんぱく質自体の消化吸収速度は速くなります

 

そして、プロテインの中でも

ホエイプロテインアイソレートは

より速く体内へと消化吸収される特徴があります

 

効率的な筋肉の再合成の為には

体内へのアミノ酸(プロテイン)の供給が必須です

 

デメリット

 

価格がやや高い

 

製造方法が他のプロテインと比べて

コストがかかります

特殊なフィルターや加工方法を採用してるからです

 

製造過程の影響で、有益な成分が除かれてる場合もある

 

ホエイプロテインアイソレートは

2通りの製造方法があります

マイクロフィルタレーション(MF加工)

イオン交換処理

これらの違いは

有益な成分が取り除かれてるか除かれていないかの違いです

 

イオン交換処理は

ラクトフェリンやアルブミンなどの

有益な成分を除いてしまうんですが

 

マイクロフィルタレーション(MF処理)は

特殊なフィルターを使って

有益な成分も残す事が加工です

 

乳糖や脂質だけを取り除いてくれるので

限りなく効率がよいたんぱく質供給を

実現してくれるでしょう

 

どんな人にオススメ?

 

WPI(ホエイプロテインアイソレート)は

プロテインの中でも低価格帯な

ホエイプロテインコンセントレート(WPC)よりも

価格はやや高いんですが

たんぱく質の純度がワンランク上で

消化吸収率も高く

質が高いと言えます

 

ですので

プロテイン初心者にも是非飲んで頂きたいし

スポーツやトレーニングをされている方にも

普段から飲んで頂きたいです

 

オススメのWPI(ホエイプロテインアイソレート)は?

 

まずは国産のホエイプロテインアイソレートの中でも

低コストで注目されている

アルプロン社のホエイプロテインアイソレート

ゼビオなどのスポーツ量販店でも見かけることができる

心強いやつです

味も海外製品のような癖のある味ではなく

ナチュラルに飲めるやつです

 

宮城県に拠点を置くスポーツ栄養ブランドです

CEOのDAVID氏もトレーニーであり

アスリートのリアルな意見を取り入れた

これが欲しかった!!

と言う声を実現してくれる

素晴らしいブランドです

アンチドーピングの対策も万全です

 

こちらは現在私が愛用している

イギリスのスポーツ栄養ブランドの

MYPROTEINです

あわせて読みたい
マイプロテインを選ぶメリット・デメリットをまとめてみたぞこの記事では、世界中のユーザーから人気が高いプロテインメーカーの1つである、マイプロテインのメリットとデメリットや商品の選び方を皆様にご...

ヨーロッパではプロテインメーカーのトップブランドで

豊富な種類の商品や味付けがあり

アスリートやダイエットをする人々の様々なニーズに

応えた商品展開が特徴です

味付けが多すぎて

ハズレな商品もありますが

プロテインシェイクにおいては

チョコレート系の味付けを選べば間違いありません

私がここの製品を支持している理由は

低価格であることはもちろんなんですが

その低価格を実現している仕組みが

とても好きだからです

マイプロテインは広告費や包装をシンプルにすることで

コストを抑えています

そして広告の代わりとなるのが

私のようなユーザーです

よくわからないキャンペーンで最大80%の割引がある上に

そこからこのコードを利用すると

DAN-RARM

さらに割引が受けられるという

何やってくれてんの?

って言いたくなるようなセールもやっているので

公式ページから

購入検討してみてもいいですね

 

まとめ

 

今回はホエイプロテインの中でも

グレードが高い

ホエイプロテインアイソレートについてまとめました

WPI(ホエイプロテインアイソレート)の効果は

たんぱく質の消化吸収速度を高くする

乳糖によるネガティブな効果を出来るだけ抑える

WPI(ホエイプロテインアイソレート)のメリット・デメリットは

メリット

たんぱく質含有量が他のプロテインと比べて高い

乳糖による胃腸の影響が少ない

消化吸収速度が速い

デメリット

価格がやや高い

製造過程の影響で、有益な成分が除かれてる場合もある

こんな感じですね

少し値段は高くなりますが

それだけの価値はあります

 

もし今までのやっすいプロテインでも十分だよって方は

試しにマイプロテインのアイソレートを

公式HPから購入してみてください

その安さに驚きますよ笑

 

ここまで読んでくださりありがとうございました