プロテイン・サプリ

2大エナジードリンク レッドブルとモンスターの効果やメリットを比較してみた

この記事では、エナジードリンクとして有名なモンスター(monster)が、パフォーマンスを上げる為に飲まれる理由やメリットや効果などを、レッドブル(Red Bull)と比較していきます

あわせて読みたい
アスリート系管理栄養士が考えるカフェインとの向き合い方この記事では、カフェインに関する知識や経験をもとに、アスリート系管理栄養士の目線で有益な情報をお届けしたいと思います。 カフェイン...
あわせて読みたい
レッドブルのカフェインがパフォーマンスを上げるのは本当なの??この記事では、レッドブルに含まれるカフェインをはじめとした成分が、バスケットボールなどの様々なスポーツや競技でパフォーマンスを上げるため...

モンスター(monster)とは?

 

 

アメリカの南カリフォルニアに拠点を置く

モンスタービバレッジ社が販売する

エナジードリンクの事で

100カ国以上で販売されています

 

北米では、様々なフレーバーや容量が

販売されています

 

日本においては、アサヒビバレッジが

2012年から独占販売をしています

 

コンビニやスーパーなどの様々な実店舗で観れる他

都会の路面での無料配布や

スポーツイベントやクラブイベントなどの

様々なシーンで無料配布やスポンサーを

行なっています

 

モンスターの栄養成分について

 

こんな感じですね

100mlあたり

エネルギー 50kcal

たんぱく質、脂質 0g

炭水化物 13g

ナトリウム 78mg

ビタミンB2 0.7mg

ナイアシン 8.5mg

ビタミンB6 0.8mg

ビタミンB12 1-6μg

カフェイン 40mg

L-アルギニン 125mg

D-リボース 125mg

高麗人参 82mg

L-カルニチン 29mg

一般的に販売されているやつは355ml缶なので

一本あたり上の数値に3.55かけたらOKです

 

今回はこれらの栄養成分の中で気になるやつを

いくつかピックアップしていきます

 

カフェイン

 

カフェインは興奮作用や

体脂肪の燃焼作用があります

 

興奮作用によって、

ゲームや競技の集中力を上げる目的で

飲んでる方が多いでしょう

あわせて読みたい
管理栄養士がプレワークアウトの効果・感想をレビューするぞこの記事では、管理栄養士がプレワークアウトサプリメントを実際に使ってみて、感じる事ができた効果や感想を交えて、レビューをします 今...

この記事でも書いていますが

カフェインの効果を手に入れるためには

体重1kgあたり5mg必要と言われています

(3mgという意見もあります)

 

このエビデンスは、アメリカスポーツ栄養の

情報を元にした書籍から引用しました

アメリカやヨーロッパの医療系サイトを見てみると

1日あたり400mg以上のカフェインを摂ることは

避けた方が良いという意見もあります

カフェインの効果を得るために必要な量は

個人差があります

 

オススメの飲み方は

まずは1本を飲んでみて、効果を実感する事ができるかを

試してみて、徐々に量を増やしていく方法です

量には必ずあらかじめ上限を設けましょう

カフェインの過剰摂取による中毒症状を予防するためです

 

アルギニン

 

アルギニンは

アミノ酸の一種で、人の体内でも合成できます

 

しかし、体内の合成量だけではやや不足しやすいので

準必須アミノ酸と言われています

 

競技パフォーマンスの視点からすると

アルギニンは

脳下垂体を刺激して、成長ホルモンの分泌を促進

血流量を増やす一酸化窒素の生成を促進する

この2つの効果があります

 

成長ホルモンは

心身の回復に繋がる

筋肉のたんぱく質の合成を促進する

などの効果に繋がります

 

血流量を増やす一酸化窒素を生成する効果ですが

これは、有効成分を体内へと運びやすくする為

筋肉のたんぱく質を合成する反応を手助けする事に

繋がります

 

筋トレやワークアウトなどで摂取するのであれば

筋トレやワークアウトの1時間前に

5gほどの摂取が推奨されていますが

有効性があるのかは個人差が出てくるでしょう

 

リボース

 

モンスターの添加物の中に

甘味料としてD-リボースが添加されています

 

リボースとは、人間の遺伝子情報をもつ

DNAを構成する糖分といったら

分かりやすいかと思います

 

人間にとってすごく重要な糖でもあります

そんなリボースなんですが

スポーツ栄養学において

注目されている成分でもあります

 

なぜかというと

次世代クレアチンとして期待が高まっているからです

 

強度が高い運動の限界を引き延ばす効果があるとして

クレアチンという物質が知られています

 

このクレアチンが限界を引き延ばす原理は

運動する時には、

ATPというエネルギーのお金を払わなくてはいけません

 

クレアチンはざっくりいうと

ATPというエネルギーのお金を払った後に

もらえるお釣り(ADP)を

お金であるATPにもう一回変換してくれる作用があります

 

その一方で

リボースはこのATPというお金を生み出す為の

材料となります

 

つまり、強度が高い運動をして

お金が足りない状態になった時に

お金の材料であるリボースを体内に摂取してやると

ATPというお金がまたできる

という感じになります

 

しかし、このリボースの作用を評価してるのは

限定的な条件下のみで

まだまだエビデンスが少ないのが現状です

 

このモンスターエナジードリンクには

この効果を得る為に必要な量はまず入っていないし

おそらく甘味料としてリボースを添加しているのでは

ないでしょうか

 

高麗人参

 

漢方薬として知られている高麗人参は

日本においても薬局などで、サプリメントとして

販売されているところをよく見ます

 

しかしながら

肝心の効能については

人を対象とした高麗人参の試験は

多数行われているものの、

質の高い試験は少ないのが現状で

高麗人参の健康に対する決定的なエビデンスは

存在しません

 

その一方で、管理栄養士養成校に在学していた時

中医学の薬膳を勉強する機会があったのですが

中医学においては、高麗人参が

人体に好影響をもたらすという表記が

教科書にありました

 

中医学における高麗人参の効能はざっくり

全般的な健康増進、体力増強、集中力向上

免疫機能刺激、老化防止など

様々な効能があります

 

モンスターエナジードリンクに配合されている理由は

おそらく高麗人参の何かしらの効能を期待して

配合したのではないでしょうか

 

マーケティング的にも、高麗人参配合の表記があったほうが

良いでしょうからね

 

カルニチン

 

カルニチンとは、

体内では合成されないアミノ酸である

リジン、メチオニンから合成される

アミノ酸の一種です

 

脂質がエネルギーに変換される為に必要な物質でもあり

それは、正確に L-カルニチン の事を指します

 

運動時に摂取する事で、脂肪燃焼を促進する効果があり

モンスターエナジードリンクのマーケティング対象でもある

スポーツをする人と相性が良い成分であると思います

 

ただし、このカルニチンは

運動する人において、効果が得られるのであって

運動をしない人がカルニチンを意識して摂っても効果は

あまりないので、そこだけは気をつけましょう

  

エナジードリンクの危険性について

 

みなさんはアメリカの少女が

エナジードリンクを飲んで死亡した事例をご存知ですか?

 

2011年に、アメリカのメリーランド州で

14歳の少女が、アメリカで販売されている

モンスターエナジードリンク700ml

2本飲用したのち、

多量のカフェインによる心臓の不整脈によって死亡しました

https://matome.naver.jp/odai/2135091906261321401

 

その他にも、アメリカ食品医薬品局(FDA)に

モンスターエナジードリンク飲用後に死亡したという

報告が数件あり、

いずれもカフェインの多量摂取が原因とみられています

 

特にモンスターエナジードリンクは

他のエナジードリンクと比べて容量が多く

カフェインを知らず知らずのうちに多量に摂取してしまう

可能性もあります

 

特にアメリカには700mlもの容量の

モンスターエナジードリンクが売られていますので

死亡リスクが高くなるようなカフェインの摂取をも

容易にしてしまうでしょう

 

アメリカの文献によると

カフェインによる致死量は

体重1キロあたり150mgと見積もられています

体重50キロの女性であれば7.5gのカフェイン摂取で

健康へのリスクが高まります

さらに、カフェインの耐性は

個人差があるということも頭に入れておくべきでしょう

 

モンスターとレッドブル どっちが良い?

 

ここでは、モンスターエナジードリンクと

レッドブルを比較してみて

良いところ、悪いところをそれぞれ述べてみます

 

メリット

 

モンスターエナジードリンク

 

より多くのカフェインを摂取できる

エビデンスは少ないが、高麗人参やガラナエキスなど

いわゆる健康効果があると言われている成分を

摂取できる

コンビニやスーパーなど、手軽に手に入る

 

レッドブル

 

カフェインを適度に摂取できる

保存料未使用

 

デメリット

 

モンスターエナジードリンク

 

ちょっと独特の風味、臭いがする

カフェイン過剰摂取の危険性もある

保存料などの添加物が気になる

 

レッドブル

 

容量によってはカフェイン過剰摂取の危険性がある

 

 

個人的には、レッドブルの方を選択するでしょう

私にとって、カフェインの量はレッドブルの方が

フィットするし

味もレッドブルの方が好きだからです

後は、添加物が少ないレッドブルも評価できるでしょう

 

その一方でモンスターにおいては

カフェインの量あたりの値段がレッドブルより安い点と

有効成分の多さで軍配が上がります

まぁ、街中でモンスター配ってたら貰うんですけどね

 

まとめ

 

日本で人気なエナジードリンクの

レッドブルとモンスターを比較してみました

 

モンスターに関しては、添加物が多い点もありますが

カフェインの容量だったり

アミノ酸の有効性だったり

魅力的な点もありました

 

カフェインを重視したコスパで言ったら

レッドブルよりモンスターの方に

軍配があがる結果になりました

 

ここまで読んだくださりありがとうございました