アスリート管理栄養士が選ぶ

マツモトキヨシ(マツキヨ)のプロテインバー・ゼリーが優秀すぎたので紹介させてくれ

この記事では、日本の大手薬局のマツモトキヨシもといマツキヨの実店舗に置いてあるプロテイン達が優秀だったので、紹介していきます

 

いつもセクシー系アスリート系管理栄養士です。を

ご覧くださりありがとうございます!

変態管理栄養士のダンでございます!

 

今回は

マツモトキヨシ、マツキヨに置いてあるプロテイン製品が

優秀すぎたので

ご紹介致します!

 

マツモトキヨシとは?

 

株式会社マツモトキヨシ(英:Matsumotokiyoshi Co., Ltd.)は、ドラッグストア(薬店)チェーン日本大手企業。ドラッグストア事業が中心であり、売上高の9割以上を占める。2005年8月からはドラッグストアのフランチャイズ展開を始めたほか、2006年3月にはエキナカ向けの新型店舗、2010年7月には、株式会社ローソンとの共同開発店舗を出店している。 wiki より

という感じですが

現在はほぼ全ての都道府県に店舗があり

医薬品だけでなく、化粧品や雑貨・食品カテゴリーを中心に

販売を行っている薬局です

 

今回はセクシー系アスリート管理栄養士の私が

特にチェックすべき

プロテイン製品を中心にサクッと紹介します

 

マツキヨのプロテインバー

 

https://www.matsukiyo.co.jp/store/online/p/4571104431114

まずはこちら

国内メーカーのリブ・ラボラトリーズ製

matsukiyo LAB というプライベートブランドの

プロテインバーです

 

こちらの特徴はなんといっても

たんぱく質を15gを含みながら

価格が税込で118円という

実店舗販売のプロテインバーの中でもトップクラスの安さです

 

原材料は

大豆パフ(大豆たんぱく、でん粉、植物油脂)(国内製造)、ココアバター、乳清たん白、全乳粉、カカオマス、エリスリトール、大豆加工食品/炭酸カルシウム、乳化剤、甘味料(ステビア)、香料、(一部に大豆・乳成分を含む)

こんな感じですね

 

大豆パフをベースに製造してあるので

大豆タンパク質の含有率が高いですね

 

大豆たんぱく質は

ホエイプロテインやカゼインプロテインと比較して

消化吸収速度が緩やかな特徴がある為

女性の減量やダイエットはもちろん

アスリートやスポーツ、一般の方の間食にも

おススメです

ソイプロテイン、大豆たんぱく質についてアスリート系管理栄養士が解説するわよ

 

気になる味ですが

甘さは控えめで

大豆パフ特有のパサつき感がやや強く感じられますが

個人的には、ウイダーのプロテインバーよりは

 

毎日食べても飽きないような感じだと思います

 

マツキヨのアミノ酸ゼリー

https://www.matsukiyo.co.jp/store/online/p/4571104437796

こちらも

国内メーカーのリブ・ラボラトリーズ製

matsukiyo LAB のアミノ酸ゼリーです

 

こちらの商品の特徴は

エネルギー・アミノ酸を手軽に補給できるゼリー

でありながら

128円という低価格!!

アスリートやスポーツマンのニーズに応えた

商品ですね

 

原材料は

果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、りんご果汁、寒天、トレハロース、酸味料、Lーアルギニン、Lーロイシン、香料、Lーバリン、Lーイソロイシン、環状オリゴ糖、ゲル化剤、(増粘多糖類)、Lーリジン塩酸塩、乳酸Ca、Lーメチオニン、Lープロリン、Lーフェニルアラニン、Lートレオニン、Lーヒスチジン、Lートリプトファン、甘味料(アセスルファムカリウム、アドバンテーム、スクラロース)、ビタミンB2(原材料の一部にりんごを含む)

という感じですね

栄養成分は

エネルギー87.6kcal

たんぱく質4.3g

脂質0g

炭水化物18.0g

食塩相当量0.01g

アミノ酸3200mg

(アルギニン1550mg、バリン300mg、ロイシン600mg、イソロイシン300mg、その他アミノ酸450mg)

クエン酸1200mg

という感じです

 

アミノ酸は3200mg

その中でもアスリートやスポーツマンにとって重要な

筋たんぱく質の構成成分でもある

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)は

1200mg含みます

 

個人的にはもう少しBCAAが欲しいところですが

コスト面から見たら

これでも素晴らしいクオリティだと思います

 

アルギニンは1550mg含んでいます

アルギニンは体内でも合成されるアミノ酸です

アスリートやスポーツマンにとっては

成長ホルモンの分泌を促進したり

血流量を上げたりして

筋肥大の効果を手助けすることを期待して

摂取されることがありますが

その推奨量は

5000mg程度と言われています

筋肥大に特定のアミノ酸は必要?

 

そして炭水化物も18g

エネルギー量も87.6kcalという感じですので

アスリートやスポーツマンが運動前後で摂取するのであれば

この商品プラスアルファで

何かエネルギー源・アミノ酸を摂取すると良いでしょう

 

マツキヨ プロテインゼリー

https://www.matsukiyo.co.jp/store/online/p/4571104437765

こちらも

国内メーカーのリブ・ラボラトリーズ製

matsukiyo LAB のプロテインゼリーです

 

こちらの製品の特徴は

ホエイプロテイン21.6g

エネルギーが162kcalという栄養成分

ゼリータイプで価格が298円である事です

 

たんぱく質20gオーバーの製品が

マツキヨで手軽に手に入るのはなかなかデカイです

 

個人的には

株式会社ドームのDNSのプロテインゼリーと競合する製品

だという印象があります

 

DNSと比較すると価格が安い事

マツキヨで手に入る事

を考慮すると、マツキヨのプロテインゼリーに

軍配が上がります

 

原材料は

ホエイプロテイン(ニュージーランド製造)、砂糖、寒天、トレハロース、酸味料、香料、増粘剤(グァーガム)、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、ナイアシン、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12(一部に乳成分を含む)

栄養成分は

エネルギー162kcal

たんぱく質21.6g

脂質0g

炭水化物18.6g

食塩相当量0.02g

 

個人的には

エネルギーやたんぱく質を体内でうまく利用できるよう

手助けしてくれるビタミンやミネラルの

栄養価表記がない事が気になりました

 

微量の可能性もありますが

ビタミンやミネラルも含まれています

 

まとめ

 

ここ最近プロテイン製品を実店舗でよく見るようになりました

その中でも薬局のプライベートブランドによる

プロテイン製品は

低価格で手軽に手に入れる事ができる

という大きなメリットがあります

 

マツキヨのプライベートブランド以外にも

アルプロンといった注目のスポーツブランドの

製品も置いてあるので

要チェックですわよ!!

 

 

是非、この機会にマツモトキヨシの

プロテイン製品をのぞいてみてはいかがでしょうか?

ちなみに私、マツモトキヨシの回し者ではありません笑

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!