スポーツ栄養士

なぜバランスが良い食事をする必要がある?理由を管理栄養士が解説するぞ

この記事では、一般の方だけでなく、アスリートがなぜバランスの良い食事をしなければいけないと言われている理由について、管理栄養士が解説していきます

最近YouTubeも始めました

管理栄養士のだんです

チャンネル登録よろしくねん

https://www.youtube.com/channel/UCKXr1Jzx7dd9utr-xHnkDoQ

食事・バスケ・旅・教育について

教育界のインフルエンサーのrunと発信してます

https://twitter.com/zambian_run?lang=ja

ぶっちゃけるとバランスの良いってワードは嫌いだ

バランスの良い食事をとりましょう

このワード

ぶっちゃけ私は結構嫌いです笑

小学生から、管理栄養士の勉強をしている大学生の時まで

ずっとどこかで聞いてきたワードでした

バランスの良い食事って

管理栄養士にとってはすごく便利なワードなんです

だって

バランスの良い食事をとりましょう

って言っておけばそれっぽくまとまるでしょ?

だから私はこのワードが嫌いなんです

私の持論ですが

バランスの良い食事をとりましょう

って説明はするんですが

必ずそれに

具体的にバランスの良い食事とは、どんなものか

というのを付け加えて説明する様にしています

さらにそれは、個々人によっての

食に関する背景や嗜好なんかも異なるわけですから

個々人によって適切な説明をする様にしています

この記事では、不特定多数の方にに見られる事を想定して

あえて当たり障りのない感じで説明します

で、ここでいうバランスの良い食事について先に

ざっくり伝えておきます

1日に必要な栄養素、エネルギーを満たす食事が大前提で

米や小麦、蕎麦など穀物や芋類を中心とした主食

肉や魚、大豆製品などのたんぱく質を多く含む食材を中心とした主菜

ビタミンやミネラルを多く含む、野菜や果物、海藻やキノコなどを中心とした副菜

これらの料理や一品を1日の中で組み合わせて食べる食事

が当たり障りのないバランスの良い食事なのかなと思います

人によっては、食べるタイミングや量は異なりますので

ここでは、そういう事は言いません

これらを踏まえて、今回は

スポーツ栄養におけるアスリートに向けた

なぜ、バランス良く食べなければならないのか

という事について解説していきます

おねしゃっす!

バランスの良い食事が必要な理由

バランスの良い食事をする必要がある理由は

大きく2つです

生命維持の為

新陳代謝の為

この2つです

生命維持については、まあアレですよ

生きる為に食え!!

というやつですよ

これについては大体みなさんイメージつきやすいと思います

で、2番目の

新陳代謝

は?

って思う方たくさんいらっしゃると思います

はい

説明していきましょう

そもそも新陳代謝とは

新陳代謝(しんちんたいしゃ)とは、古いものが新しいものに次々と入れ替わることを言う。 特に、健康法や美容法において「細胞の新陳代謝」などという使われ方をするが、これはしばしば生化学における代謝の意味ではなく、細胞自体の入れ替わりを意味する表現である。 そして、新陳代謝は、生命維持に不可欠なものである。Wikiより

分かりやすく仕組みから説明していきます

人の身体は、爪とか毛とか髪とか除いて

構成する細胞は3ヶ月以内に作り変えられます

その時にですね

作り変えるエネルギーと材料(栄養素)が必要なんです

感の良い方はココで理解できているかもしれません

でも作り変えるタイミングについては

現状では我々が正確に分かるはずはありません

なので、

体内に新陳代謝に必要なエネルギーや材料(栄養素)を

あらかじめ用意しておいて(バランスの良い食事によってね)

いつ作り変えても万全な状態にしておくんです

これが

バランスの良い食事をとりましょう

って言われてる理由の1つです

力こぶの筋肉で例えるよ

分かりやすく力こぶの筋肉で説明します

この説明は、日本のスポーツ栄養の第一人者

鈴木先生の書籍を参考にしました

力こぶの筋肉が、10階建のビル100棟で出来てるとします

そのうちの一棟が古くなったので建て替える事にしました

建て替えるためにまずはビルを更地にします

ここで壊して更地にするのにエネルギーが必要です

糖質と脂質はエネルギー源

ビタミンはエネルギーをうまく利用するのに必要

新しくビルを建てます

鉄骨やネジなどの材料は、ビタミン・ミネラルに表せます

コンクリートはたんぱく質として考えます

建てるにはエネルギーが必要です

糖質と脂質はエネルギー源

ビタミンはエネルギーをうまく利用するのに必要

コンクリートに関しては70%は、更地にする際に壊したビルをリサイクルして、30%は、食事から摂取したたんぱく質を利用します

食事を食べていて、なおかつ

たんぱく質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラルが

揃っていて、必要量あれば、同じビルを建てることができる

欠食が続くと筋肉に影響する件について

朝、昼、夕など

摂取する食事のタイミングや量は個人によってバラバラだが

ここでは13食の方を例として

解説します

朝昼夕のいずれかを欠食する

ここでは朝食を欠食した時を仮定します

先ほど説明した

力こぶのプロセスの

①と②で使うエネルギーやミネラルに関しては

体内にある程度貯蔵してあるし、ビタミンに関しても

半減期が半日なので

昨日の夕食をバランス良く食べていれば

なんとかなるんですが

タンパク質に関しては、朝食を食べていなければ

遊離アミノ酸(アミノ酸プール)という

結構限られた量しか確保できない為

力こぶビル建設に必要な30%分が

補ません

補たとしてもせいぜい10%程度で

そうするとリサイクルの70%と合わせて80%しか

確保ができません

結果、10階建てのビルではなく

8階建のビルしか建設できませんでした

ってことになります

でも100棟あるうちの1棟だけ8階建てでも

直接的なパフォーマンスに影響はあまりないでしょう

しかし、欠食が続けば

100棟あるうちの半分が8階建て、、、

ひどくなると100棟全てが6階建て、、

つまり筋肉量の低下がイメージできるかと思います

欠食には様々な理由があるでしょう

筋肉が競技において重要な要素であるアスリートは

特に欠食に関して考える必要があるでしょう

ここまで読んでくださりありがとうございました!