アスリート管理栄養士が選ぶ

ミックスナッツが間食やおやつにオススメな理由を管理栄養士が解説するわよ

この記事では、ミックスナッツがなぜ間食やおやつにおススメなのかを管理栄養士の目線で解説していきます。私が実践してるミックスナッツの活用法やオススメのミックスナッツを紹介します。

変態管理栄養士のダンでございます

巷ではミックスナッツが大人気ですね

コンビニはもちろん

スーパーやドラッグストアなんかでよくミックスナッツを

見るようになりました

その背景には大きく

グリセミック指数(グリセミックインデックス GI値)が

低いオススメの食品、食材という事で

様々なメディアで大きく紹介されている事もあります

今回は

特にスポーツに強い管理栄養士の目線で

ミックスナッツがなぜオススメのおやつ、間食なのかを

解説していきます

ミックスナッツが間食・おやつにオススメな理由

グリセミック指数(グリセミックインデックス GI値 GL値)が低い

冒頭でも述べた通り

グリセミック指数(グリセミックインデックス GI値 GL値)

が低い事が

オススメの理由です

グリセミック指数とは?

最近は糖質制限が流行っていて

その流れで広く知られるようになったGI値ですが

GI値が低い食品を選べば良い

(本当はGL値が良いのですが、分かりやすくイメージしていただくためにここではGI値を使ってます)

と言う事が合わせてメディアで紹介されています

その理由を大まかに説明すると

血糖値の急上昇を防ぎたいからです

血糖値の急上昇が起こると

血糖値を正常に戻すために

血糖値を下げる働きが体内で起こります

その反動で血糖値が下がりすぎて

眠気や集中力の低下などの

ネガティブな主徴が起こってしまいます

間食やおやつなんかでケーキやクッキーなどの

砂糖がたっぷり入ったものを食べた後に

眠くなったり、だるくなったりするのは

そういった事が起こっている可能性もあります

特に仕事や作業などでパフォーマンスを落としたくない方は

ネガティブな主徴を防ぐために

GI値が低い食品を間食やオヤツに選んでいるわけです

そのGI値が低いオススメのおやつの1つが

ミックスナッツというわけです

ミックスナッツは糖分が少なく

脂質が多い食材です

栄養豊富

ミックスナッツには

油に溶けやすいビタミンである

ビタミンE

お腹の掃除をしてくれる

食物繊維

糖分やたんぱく質をうまく体内で利用する手助けをする

ビタミンB群

肌や髪の毛、骨や筋肉や血液などの材料にもなる

ミネラルも全体的含まれています

効率的にエネルギーを確保できる

ミックスナッツは

脂質が多く

少量でもカロリー(エネルギー)を確保できます

スポーツやアスリートでは

厳しいワークアウトなどで食欲が落ちる時に

エネルギーやカロリーを確保するために

ミックスナッツがおススメです

お腹にたまりやすい

ミックスナッツは

食物繊維や脂質が多く

消化や吸収に時間がかかるため

お腹にたまりやすい特徴があります

さらに噛みごたえもあるので

満腹中枢を刺激する手助けにもなります

私が実践してるミックスナッツ活用法

この記事でも書いていますが

そのまま食べるのはもちろんですが

サラダに加えたり

ヨーグルトに入れたり

はちみつをかけたりして食べています

マイプロテインの手作りミックスナッツ

これは私が実践してるやり方なんですが

マイプロテインで

ナッツをそれぞれ購入して

手作りするというやり方です

私が愛用している

ヨーロッパNo. 1の

イギリスのスポーツ栄養ブランド

Myptoteinではナッツ類の販売も行っています

アーモンドとくるみとカシューナッツが

あるんですが

圧倒的な安さと品質の良さに定評のあるマイプロテインでも

これらのナッツ類が安い!

私はマイプロテインでアーモンド、くるみ、カシューナッツを

それぞれ購入して

ジップロックに乾燥剤を入れて

ミックスナッツを作っています

2019/1/21 現在では

割引適用して

1200gで

2780円です!!

1kgあたりで換算すると

2316円くらいですね

アマゾンの最安値には

叶いませんが

マイプロテインを愛用してる人や

マイプロテインの購入を考えてる人にとっては

1つの手段ですね

ここまで読んでくださりありがとうございました!