プロテイン・サプリ

マルチビタミンサプリメントに含まれる栄養素と、その効果やメリット、注意点について解説するぞ

この記事では管理栄養士である私がイギリスのスポーツ栄養ブランドである、マイプロテインのマルチビタミンサプリメントについて、成分や原材料を見ながら効果やメリット、注意点などを解説していきます

変態管理栄養士のダンでございます

今回はイギリスのスポーツ栄養ブランドであるマイプロテインのマルチビタミンを例に

栄養素の効果やメリット、注意点などを解説していきます

管理栄養士にとってマルチビタミンとは?

今回解説するのはこの商品です

https://www.myprotein.jp/sports-nutrition/daily-multivitamin/10530076.html

いわゆるマルチビタミンですね

この商品は油に溶けやすい脂溶性ビタミンと

水に溶けやすい水溶性ビタミンを主に含んでいます

日本人にとっては日々の食事でビタミンを摂取することが

理想的ですが

様々なライフスタイルの違いから

思うようにビタミンを摂取することが

難しいケースもあります

そんな時に活用できるのかこういったマルチビタミン剤です

しかし管理栄養士の立場からすると

マルチビタミンサプリメントと言うのは

一見不足している栄養素を補える

便利なアイテムに見えますが、

その裏では栄養素の過剰摂取の危険性もあります

先ほども言った通りビタミンには

ビタミンには油に溶けやすい脂溶性ビタミンと

水に溶けやすい水溶性ビタミンがあります

水に溶けやすい水溶性ビタミンは

大量に摂取しても使わない分は尿として排出されますが

油に溶けやすい脂溶性ビタミンは

尿としては排出されず体内に留まります

体内に留まることで過剰摂取による

健康被害のリスクもあります

マルチビタミンの怖いところは

過剰摂取による健康被害のリスクがある脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンが一緒に含まれていることです

さらに通常の食生活を行っている方が

マルチビタミンを摂取する習慣があると

普段の食生活で十分な栄養素が

補充できているにもかかわらず

マルチビタミンを摂取することで

栄養素の過剰摂取が起こります

つまり何が言いたいのかと言うと

普段から食事をしっかりとっている人が

マルチビタミンを利用する際は

慎重にならなければいけないと言うことです

その理由は油に溶けやすい脂溶性ビタミンも

過剰に摂取してしまい体内に蓄積されてしまうからです

マルチビタミンサプリメントに含まれる栄養素について

ではここからマイプロテインのマルチビタミンを参考に

含まれている栄養成分について解説していきます

今回紹介する商品のマルチビタミンは

1日あたり1粒摂取することを勧めています

1粒あたりの栄養成分を見ていきます

マルチビタミンサプリメントの栄養素の働きや注意点

https://www.myprotein.jp/sports-nutrition/daily-multivitamin/10530076.html

油に溶けやすいビタミン

ビタミンA

まずはvitaminAです

vitaminAは動物性食品に多く含まれますが

色が濃い野菜や果物にもカロテノイドとして含まれます

カロテノイドとは

vitamin Aの前の段階と考えていただければと思います

ビタミンAは成長や視覚、皮膚や粘膜を形成することに

関わっています

欠乏してしまうと成長障害があったり

目に不調をきたしたりします

逆に過剰摂取すると

頭痛や肝臓の障害、胎児の発育異常などのリスクがあります

しかし植物性に多く含まれるカロテノイドによる

過剰摂取による健康障害の可能性はとんどないと

言われています

マイプロテインのマルチビタミンのvitamin Aは

1粒で800マイクログラム含んでいます

これは日本人の食事摂取基準における成人男性の推奨量を

ほぼ満たしています

つまりこのビタミン剤を1粒飲むだけで1日に必要な量を

摂取することができます

通常の食事をする方がマルチビタミンを飲むとしたら

ビタミンに関しては過剰摂取になる可能性もあります

ちなみに健康障害が出る可能性があると言われる耐容上限量

は成人男性であれば、2700マイクログラムです

ビタミンD

次はvitaminDです

vitaminDの働きは

腸管からのカルシウムとリンの吸収を促進して

骨を作ったりするなど

成長に大きく関わる栄養素です

その他にもスポーツ栄養において

注目されている成分でもあります

詳しくはこの記事をどうぞ

ビタミンDが筋肉増強に効果的な件についてこの記事では、ビタミンDが筋トレや筋肉を大きくするのに効果的である理由について、アスリート系管理栄養士が解説します。 筋トレをする方や...

日本においては普通の食事をしているときには

vitaminDが欠乏する事はほとんどないです

ちなみに欠乏すると

幼児期ではくる病

成人では骨軟化症を引き起こします

過剰症は高カルシウム血症や腎臓の障害など

のリスクがあります

マイプロテインのマルチビタミンサプリメントには

1粒で5マイクログラムのvitamin Dが含まれています

これも日本人の食事摂取基準において

成人男性の目安量のvitaminDを摂取することができます

ちなみに耐容上限量は

成人男性であれば100マイクログラムです

ビタミンE

ビタミンEです

ビタミンEの効果は一言で表すと

抗酸化作用です。

細胞の膜の老化を防いだりしてくれます

主に植物性の食品に多く含まれます

過剰摂取による健康被害に関しては様々な報告がありますが

現在のところは明らかにされていません。

マイプロテインのマルチビタミンサプリメントには

1粒で10ミリグラム含んでいます

これは日本人の食事摂取基準の目安量を超える量で

1粒で十分にまかなえます。

耐容上限量は策定されていますが

厚生労働省や農林水産省が提唱する

日本人の理想の食事スタイルにおいては

http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/about/case.html

この値に近づく事はあまりないと思います

水に溶けやすいビタミン

ビタミンB1

ビタミンB1です

マイプロテインの表記にはチアミンと書かれていますが

これはビタミンB1のことです。

ビタミンB1は

糖質やアミノ酸を体内でうまく使う手助けをしてくれます。

不足すると栄養素の利用サイクルが停滞して

疲労物質が生じます。

これによって消化管の動きが鈍くなって

食欲不振が起こります。

マイプロテインのマルチビタミン剤には

1粒で1.8ミリグラムのビタミンB1を含んでいます。

1粒で1日に必要な量を補えます。

ビタミンB2

マイプロテインの表記にはリボフラビンと書かれていますが

これはビタミンB2のことです。

vitaminB2もエネルギーを作り出す反応などに

関わっています。

また成長ホルモンの合成にも関わっています。

不足すると成長障害や、口の中の炎症や皮膚炎目の充血等を

起こします。

マイプロテインのマルチビタミン剤には

1粒で1.6ミリグラムのビタミンB2が含まれてます

1粒で1日に必要な量を補えます。

ナイアシン

ナイアシンは糖質や脂質アミノ酸を体内でうまく使うための

お手伝いさんの構成成分です。

ご飯やパンを主食とする地域では不足する事は無いですが、

とうもろこしを主食とする地域では不足が見られます。

ナイアシンが不足すると、

皮膚炎や下痢といったなどといった

ペラグラと言う症状が起こります。

マイプロテインのマルチビタミンサプリメント

1粒では18ミリグラムのナイアシンを摂取できます。

まとめ

今回はイギリスのスポーツ栄養ブランドの

マイプロテインのマルチビタミンサプリメントを例に

解説していきました

そもそもビタミンには

水に溶けやすいビタミンと油に溶けやすいビタミンがあって

油に溶けやすいビタミンは過剰に摂取した場合は

体内に蓄積されるので、過剰摂取による悪影響の

可能性がある事がポイントです

その上で、日々の食生活を見て

マルチビタミンを活用する事をオススメします

何も考えずにマルチビタミンをとりあえず飲むという事は

過剰摂取による悪影響のリスクも考えられるからです。

管理栄養士としての立場で言うと

1番の理想はサプリメントを使わない事です

ここまで読んでくださりありがとうございました!

MY PROTEINは

よくわからないキャンペーンで最大80%の割引がある上に

そこからこのコードを利用すると

DAN-RARM

さらに割引が受けられるという

何やってくれてんの?

って言いたくなるようなセールもやっているので

購入検討してみてもいいですね

マルチビタミンに関する商品を集めたページを貼ってます

参考になりますよ