栄養士の働き方

アスリート系管理栄養士が飲食店で働く上で、筋トレをしていて良かったと思ったポイントを紹介するぞ

この記事では、飲食店に勤務している、アスリート系管理栄養士が筋トレをしていて良かったと思う出来事について紹介していきます。

変態アスリート系管理栄養士のDANでございます

現在、飲食店でも働いている私ですが

出勤前にジムに通って

筋肉達を愛でてからシャワー浴びて出勤する

なんて事も多いです。

今回は飲食で働いていて、

筋トレを続けて良かったと思う事について

紹介していきます

スタッフ・お客様との会話が弾む確率が非常に高くなる(チヤホヤされます)

飲食で働く上で、他人とコミュニケーションをとる事は

非常に多いです

接客を始め、スタッフとのコミュニケーションや

業者様との会話など

あらゆるシーンで会話を交わす機会があります

ジムで体を鍛えていると

会話の中で

めっちゃカラダごっついっすね!!

という声を高確率で頂きます

ありがとうございます。

そこから色んな会話に繋がったり

思わぬ出会いや発見があったりもします

それが飲食ならではの魅力だし

身体を鍛えてるからこそ起こる出来事なんだなぁと

思います

私の場合は

飲食店で筋肉キャラ・オネエキャラを確立してます

このキャラ作りというのも

コミュニケーション能力を上げる上で

大事なスキルになります

ジムで身体を鍛える 筋トレをする事は

あわよくばコミュニケーションツールにもなり得るのです

動きにキレ・パワーを感じる

これは単純に身体を鍛える事によって

身体能力が底上げされる事による恩恵ですね

私が筋トレを続ける事によって感じたメリットは

•洗い物のスピードが速くなる

•姿勢が良くなる(これめっちゃ大事)

•重さがあるものを持ちながらの動きが安定する

と言ったところでしょうか。

飲食で働く時だけではなく

街中を歩く時、普通に生活する時にも適応されます

自分に自信がつく

ジムで身体を鍛えると

まぁ

見栄えが良くなるんですね

それに

身体を鍛える事によって、肉体的にも精神的にも

強くなって、

内面、外面に自信がみなぎります

実際に今は人前でもはっきりと

自分の事が大好きだと公言できる様になりました

え?ナルシストだって?

当たり前じゃない!ありがとうございまァス!

クレームや理不尽な事にも動じなくなる

これは、何かの書籍に書いてあったんですが

筋トレをして、身体を鍛えていると

もし上司が怒鳴ってきたりしたら

こんな奴はいつでもひねり潰せる

という心の余裕ができる

という考え方があったんです

あと、身体を鍛えていて

精神的にも肉体的にも追い込む事が多いので

ちょっとしたトラブルや嫌な事があっても

このくらい、筋トレに比べたら大したことない

と流す心の余裕ができますね

まとめ

アスリート系管理栄養士である私が

飲食店で働く上で、筋トレをしていて良かったと

思うポイントを紹介しました

コミュニケーションツールにもなり得る

自分に自信が持てる

身体的な基本的能力が底上げされる

ストレスに強くなる

まとめるとこの4つのメリットがあります

この機会に、筋トレ

始めて見ませんか??

さあ、みんな。ジムへ出かけよう